暮らし

ゴージャス感ある手作りビーズネックレス


2013.10.31

ダークカラーの中でも、特に人気なのが紫色。上品で女性らしく、さまざまな色と合わせやすいのがその理由のようです。大きなビーズは、作りやすいだけではなくゴージャスな印象にしてくれます。撮影:落合里美

木々が色づく秋には、秋色のアクセサリーを身につけたいですよね。番組が行ったアンケートでは、秋に身につけたいアクセサリーの色は「ダークカラー」、欲しいビーズアクセサリーは「ネックレス」という回答が得られました。

 

ビーズのネックレスを手作りしてみたいけれど、難しいと感じている方も多いようです。みなさんから寄せられたお悩みに、ビーズアーティストの楓 由香(かえで・ゆか)さんがお答えします。

 

09467102013_p030_01

 

 

 

●ビーズの色の組み合わせやデザインが難しいです(40代 ほか多数)

 

「まずメインの色を決め、その濃淡で組み合わせてみましょう。ビーズの色を混ぜる場合、左右対称にしないほうがおしゃれになります。」

 

●道具をそろえるのが面倒です(10代)

 

「ペンチ2本とニッパーがあれば大丈夫。材料店ではセットで売っていることが多いのでそろえやすいですよ。」

 

●自分で作るとおもちゃのようになってしまい、身につけられません(60代)

 

「素材がポイントです。天然石やクリスタルガラスなどある程度上質な材料を選べば、テグスに通すだけでもすてきにできます。」

 

秋色のビーズネックレス

 

みなさんの「こんなアクセサリーがほしい」という声を集めて、楓さんがダークカラーのビーズでネックレスをデザインしました。細かい作業が少ないのも嬉しいポイントです。楓さんにデザインのこだわりを聞きました。

 

「『秋色のビーズネックレス』は、アンケートの結果を受けて、目立ちすぎるアクセサリーは避けたいけれど、地味になりすぎるのも……、という女性の気持ちを考えたデザインです。大きなビーズを使ったネックレスは、大人の女性にこそ似合うアイテム。けれどビーズを単調につないだだけでは、面白みがなく、かえって使いづらくなります。ダークカラーの中でも人気の紫をメインに、同系色とクリアカラー、それにビーズボールをミックスすることで、かわいらしく、凝った印象に。アクセサリー作りで皆さんが難しいと感じるポイントに応えながら、ワンピースでもジーンズでもつけやすいネックレスを作りました。」

 

作り方は『すてきにハンドメイド 2013年10月号』に掲載しています。

 

■『NHKすてきにハンドメイド』2013年10月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • bnr-texttop2021-300×56

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2021_300×56px

000061992902020_01_136

家族のため、わたしのため からだのための常備菜

2020年03月21日発売

定価 990円 (本体900円)

000000817802019_01_136

平成最後の一年 NHK記者が見た天皇皇后両陛下

2019年12月10日発売

定価 1760円 (本体1600円)

000061992862019_01_136

NHK趣味どきっ!MOOK 5日ではじめる!5日で使える!はじめてのスマホ

2019年08月26日発売

定価 990円 (本体900円)