暮らし

「リモートでつながる」ってどういうこと?


2021.05.10

イラスト:井上沙紀

「リモート生活」と聞くと、なにやら難しそうな印象を持つ人も多いでしょう。しかし、そんな心配は無用です。リモート生活は、スマホやパソコン、タブレットなどのデジタル機器に加えて、「リモートアプリ」さえ用意すれば、同じアプリを使う家族や友人たちと、気軽にインターネットを介して交流できます。なかなか会えない状況でも、画面を通して相手の顔を見ながら会話を楽しむことができるのです。一般財団法人こゆ地域づくり推進機構の教育イノベーション推進専門官、中山 隆(なかやま・りゅう)さんに、「リモートでつながる」とはどういうことなのか解説していただきました。

 

*  *  *

 

リモートでつながるってどういうこと?

 

リモートでつながるうえで大前提となるのは、インターネットに接続できる環境があることです。スマホのモバイルデータ通信、パソコンで使用している自宅の固定回線などの手段でインターネットに接続する必要があります。そのうえで必要なのが「リモートアプリ」です。“リモート生活”とは、このリモートアプリを介して、インターネット上(オンライン上)でコミュニケーションすることといえます。現在は、「Zoom(ズーム)」や「Microsoft Teams(マイクロソフト チームズ)」、「Google Meet(グーグル ミート)」など、さまざまなリモートアプリが登場しています。お互いに同じアプリを使い、お互いの都合さえ合わせれば、いつどこにいても顔を見ながら会話ができます。遠方にいる家族や親族はもちろん、海外に住んでいる友人や故郷に住む同級生など、なかなか対面できる機会がない人たちと、気軽に“会う”ことができるのです。

 

リモート生活はこんなに便利!

 

リモートアプリは生活のさまざまなシーンで活用できます。多くの人がニュース等で目にしているとおり、最も一般的なのはビジネスシーンでしょう。会社以外の場所で仕事をする「リモートワーク」が普及し、特に会議の場でリモートアプリが利用されることが、当たり前になってきました。

 

しかし、最近ではビジネス以外でも活用されるケースが増えています。そのひとつが、離れて住む家族や友人たちと再会できる「リモート帰省」です。実際に移動せずとも、画面上でお互いの顔を見て、近況を報告したり、他愛のない会話を楽しんだりすることができます。そのほか、会社の同僚や友人たちとの「オンライン飲み会」や、教育機関が行う「オンライン授業」など、あらゆるシーンで活用されています。

 

■『NHK趣味どきっ!梨本家(りもとけ)の快適!リモート生活術』より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • bnr-texttop2021-300×56

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2021_300×56px

000061992902020_01_136

家族のため、わたしのため からだのための常備菜

2020年03月21日発売

定価 990円 (本体900円)

000000817802019_01_136

平成最後の一年 NHK記者が見た天皇皇后両陛下

2019年12月10日発売

定価 1760円 (本体1600円)

000061992862019_01_136

NHK趣味どきっ!MOOK 5日ではじめる!5日で使える!はじめてのスマホ

2019年08月26日発売

定価 990円 (本体900円)