暮らし

そろそろ入園&入学準備……お弁当袋とコップ入れを作ろう


2021.02.19

おそろいの布で作ると、使うのがもっと楽しくなります 撮影:公文美和

そろそろ入園、入学用のグッズを用意する時期ですね。巾着タイプのお弁当袋とコップ入れを作ってみませんか? 「大人も子どもも使える便利なアイテムです」と話すのは、ファッションデザイナーでオーダーサロンオーナーの海外竜也(かいがい・たつや)さんです。

 

*  *  *

 

基本編の「直線縫い」と「ジグザグ縫い」をおさらいしながら、巾着タイプの袋を作ってみましょう。一度作り方を覚えれば、お弁当袋やコップ入れなど、用途に合った大きさの巾着が作れるようになります。

 

お弁当袋は大人も子どもも使える、何枚あっても便利なアイテム。布の柄やひもの色をかえれば、いくらでもアレンジが楽しめます。この章では、いろいろなお弁当箱の形に対応できるよう、まちつきタイプを紹介します。お

 

そろいでコップ入れも作れば、毎日のランチタイムが待ち遠しくなりますよ。

 

 

直線の縫い方

 

直線縫いは、洋服、小物など様々なアイテムが作れるようになるミシン縫いの基本。テキストではまっすぐきれいに縫うための、待ち針の打ち方や布の送り方のコツを写真入りで詳しく紹介しています。返し縫いは、縫い目の端がほどけないよう、縫い始めと縫い終わりで直線縫いを3〜4 針往復させて重ねて縫うこと。縫い代は布の端から縫い目までの部分を示しています。

 68273012021_p045_01

ジグザグの縫い方

 

ジグザグ縫いは、ほとんどの家庭用ミシンについている基本の縫い方のひとつです。ミシンの機種によって、ダイヤルで合わせたり、ボタンで選択したりといろいろですが、内蔵されたステッチの模様から縫い目を選択して縫います。布の厚さに合わせて、ジグザグの長さや幅をかえることもできますが、普通の厚さの生地を縫うときは、まず基本の設定で縫ってみて、調子を確認するとよいでしょう。

68273012021_p035_01

 

※お弁当袋とコップ入れのつくり方はテキストに詳しく掲載しています。

 

■『NHKまる得マガジン 不器用さんでも大丈夫!はじめてのミシン』より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • bnr-texttop2021-300×56

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2021_300×56px

000061992902020_01_136

家族のため、わたしのため からだのための常備菜

2020年03月21日発売

定価 990円 (本体900円)

000000817802019_01_136

平成最後の一年 NHK記者が見た天皇皇后両陛下

2019年12月10日発売

定価 1760円 (本体1600円)

000061992862019_01_136

NHK趣味どきっ!MOOK 5日ではじめる!5日で使える!はじめてのスマホ

2019年08月26日発売

定価 990円 (本体900円)