暮らし

ダンボールの始まりはシルクハット?! 驚きの歴史


2020.12.26

イラスト:Kiji-Maru Works

通販や引っ越し、スーパーの「ご自由にどうぞ」コーナーなど、その姿を見かけない日はないほどに私たちの暮らしに浸透しているダンボール。あまりにも身近な存在のため、ダンボールについて考えたことなどない人がほとんどなのではないでしょうか? ダンボールの歴史、素材としての特徴などを取材しました。

 

*  *  *

 

その始まりはシルクハット?!

 

ダンボールの誕生は1856年のイギリスにさかのぼります。紳士のたしなみとして、当時のイギリスではシルクハットが流行していましたが、「生地が厚くて蒸れやすい」という難点がありました。この問題を解決するべく、シルクハットの内側に貼りつけるために開発された「しわのついた紙」がダンボールの始まりです。

 

通気性とクッション性に優れたこの紙を誕生させ、シルクハットをかぶったときの不快感を和らげることに成功した開発者、E.C. ヒアリーとE.E. アレンは「汗止め用裏打ち材」として特許を取得します。

 

包装材としての発展はアメリカで

 

その後、ダンボールはアメリカで発展を遂げます。おがくずに替わる緩衝材として、1871年にA.L.ジョーンズが「繰りっ放し」(紙に段をつけただけの状態のもの)の特許を取得。ランプのほや、ガラスの瓶などの輸送時に使われるようになります。

 

さらに1874年、段が伸びてしまうという不具合を解決するために段の片側に板紙を張りつけた「片面ダンボール」をO. ロングが開発し特許を取得。こうして、さまざまなものの包装に用いられるようになっていくのです。

 

いよいよダンボール箱が登場!

 

1882年ごろにはR.H. トンプソンが両面ダンボール(現在と同様の三層構造)を考案、特許を取得したとされています。そして、1894年にそれまでシート状だったダンボールが、ようやく箱となって登場。その翌年、ウェルズ・ファーゴ銀行が小口の貨物輸送用にダンボール箱の使用をスタートします。1904年には海上輸送資材として初認可を受け、穀物の輸送に用いられるようになりました。

 

■『NHK趣味どきっ!DAN家具に囲まれて』より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • bnr-eigo2019

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2019

000061992902020_01_136

家族のため、わたしのため からだのための常備菜

2020年03月21日発売

定価 990円 (本体900円)

000000817802019_01_136

平成最後の一年 NHK記者が見た天皇皇后両陛下

2019年12月10日発売

定価 1760円 (本体1600円)

000061992862019_01_136

NHK趣味どきっ!MOOK 5日ではじめる!5日で使える!はじめてのスマホ

2019年08月26日発売

定価 990円 (本体900円)