暮らし

つくりやすくて便利!「DAN家具」って何?


2020.12.29

すべてダンボールでつくられた「DAN家具」。つくり方はテキストで紹介しています。撮影:平野太呂

地球環境に配慮することが当たり前となった今、ダンボールの可能性に注目が集まっています。ダンボールアートクリエイターで、香川県のダンボールクラフト会社CEO(代表取締役)の岡村剛一郎(おかむら・こういちろう)さんは、ダンボールでできた「DAN家具」づくりを提案しています。

 

*  *  *

 

レジ袋が廃止になったり、ストローが紙製になったり。最近は、地球環境に配慮することが当たり前のこととなりました。より地球に優しい素材や加工へのニーズが高まる今、ダンボールもリサイクル可能な資材として、その可能性に注目が集まっています。

 

かつては、商品を運ぶための梱包材でしかなかったダンボールですが、小物や雑貨、被災地ではパーテーションやベッドになるなど、新しい使い方が次々と生まれているのです。

 

そこで、ぜひ皆さんに挑戦してほしいのが、「DAN家具」(=ダンボールの家具)づくりです。今回は「あると便利」をコンセプトに、暮らしの中で使える実用的なアイテムをピックアップ。特別な道具も必要ないので、すぐに始められます。おうち時間を利用して、手づくりの楽しさと達成感を味わってください。

 

基本の道具と材料のこと

 

DAN家具づくりで使うのは、カッターナイフや定規、木工用接着剤など、手に入れやすいものばかり。特別な道具はなくても大丈夫です。

 

使うダンボールのこと

 

ダンボール箱は貼り合わせた部分で切り、平らにして使います。ここから寸法に見合う部分を切り出してつくります。のりしろ部分は避けて、粘着テープやラベルがついている場合ははがしておきましょう。テキストでは、各作品で使うダンボールの目安を「3箱」などと記している場合は、写真のサイズのダンボール箱を例にしています。

622880762020_p018_01

縦270 ×横380 ×高さ290mm 程度、厚さ5mm のダンボール箱。

 

■『NHK趣味どきっ!DAN家具に囲まれて』より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • bnr-texttop2021-300×56

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2021_300×56px

000061992902020_01_136

家族のため、わたしのため からだのための常備菜

2020年03月21日発売

定価 990円 (本体900円)

000000817802019_01_136

平成最後の一年 NHK記者が見た天皇皇后両陛下

2019年12月10日発売

定価 1760円 (本体1600円)

000061992862019_01_136

NHK趣味どきっ!MOOK 5日ではじめる!5日で使える!はじめてのスマホ

2019年08月26日発売

定価 990円 (本体900円)