暮らし

機器間の“垣根”をなくす「クラウド」とは


2013.04.23

スマートフォンやタブレットなどの“外出先に気軽に持ち出して利用できる”デジタル機器が普及したことにより、「クラウド」という言葉がよく使われるようになった。このクラウドとは一体何なのだろう。関東学院大学准教授で情報ネットワーク、情報セキュリティが専門の岡嶋裕史(おかじま・ゆうし)さんが解説する。

 

*  *  *

 

クラウドとは、「クラウドコンピューティング」の略称で、さまざまなデータをインターネット上に保存することで、パソコンやスマホ、タブレットなどの機器で共有することを意味します。

 

従来は、データを別のスマホやタブレット、パソコンで利用しようとすると、ケーブルを接続して転送する必要がありました。しかし、クラウドを使えば、こうした手間とは無縁です。インターネット上にデータを保存して、複数の機器で自由に利用できます。

 

最近では、クラウドの仕組みを備えたサービスが多数登場しています。自宅で利用するパソコンと外出先で利用するスマホやタブレットの“垣根”をなくし、快適にインターネットを楽しみましょう。

 

■『NHK趣味Do楽 なるほど便利! くらしで使えるスマホ&タブレット』より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • bnr-texttop2021-300×56

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2021_300×56px

000061993032021_01_136

NHKまる得マガジンMOOK 毎日イキイキ!解いて動いて 脳活生活

2021年10月25日発売

定価 880円 (本体800円)

000061992902020_01_136

家族のため、わたしのため からだのための常備菜

2020年03月21日発売

定価 990円 (本体900円)

000000817802019_01_136

平成最後の一年 NHK記者が見た天皇皇后両陛下

2019年12月10日発売

定価 1760円 (本体1600円)