暮らし

年賀状の「迎春」を筆ペンで書いてみよう


2015.12.16

「どっしり文字」(右)と「かろやか文字」(左)。あなたはどちらで書きますか?

年賀状によく使われる「迎春」という言葉。毎年見慣れた言葉だけに、筆ペンでちょっと変わったイメージに書けたらうれしいですね。

 

右の「迎春」がどっしりと重厚なイメージなのに対して、左の「迎春」はリズミカルでかろやかなイメージ。このように、ちょっと特徴のある文字で季節のあいさつを書くと、遊び心が感じられてすてきです。

 

今回は、季節のあいさつを「どっしり文字」と「かろやか文字」で書くコツを紹介します。イメージどおりに書きこなせるようになったら、筆ペンがもっと楽しくなるでしょう。横浜国立大学教育人間科学部教授で書家・美文字研究家の青山浩之(あおやま・ひろゆき)さんに教えてもらいました。

 

*  *  *

 

「どっしり」と書くポイント

 

「どっしり文字」は、太さと丸みを帯びた、どっしりと重厚なイメージ。見る人に堂々とした落ち着きのある印象を与えます。

 

どっしりとしたイメージにするいちばんのポイントは、すべての始筆を「逆筆(ぎゃくひつ)」にして丸みのある形をつくること。また、筆圧を十分にかけて、太くて重厚な線を引くことも大切です。今年一年の力強い決意を感じさせるような「どっしり文字」を練習してみましょう。

68272382015_p065_01

 

「かろやか」に書くポイント

 

「かろやか文字」は、線に抑揚があり、軽妙で洒脱(しゃだつ)なイメージ。見る人にかろやかで生き生きとした印象を与えます。その抑揚やS字状にうねる線は、筆圧の強弱によって生まれます。筆圧をうまくコントロールして、明るく元気な新年のスタートを感じさせる、流れるような線や形を練習してみましょう。

68272382015_p065_02

■『NHKまる得マガジン ルールを覚えて美しく! 今から始める筆ペン』より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • bnr-texttop2021-300×56

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2021_300×56px

000061992902020_01_136

家族のため、わたしのため からだのための常備菜

2020年03月21日発売

定価 990円 (本体900円)

000000817802019_01_136

平成最後の一年 NHK記者が見た天皇皇后両陛下

2019年12月10日発売

定価 1760円 (本体1600円)

000061992862019_01_136

NHK趣味どきっ!MOOK 5日ではじめる!5日で使える!はじめてのスマホ

2019年08月26日発売

定価 990円 (本体900円)