暮らし

ゆかたはいつ、どこに着ていくの?


2015.06.18

撮影:岡田ナツ子

ワンピース感覚で気軽に楽しめるゆかたは、夏のカジュアルウエアとして、ますます人気が高まりつつあります。いつ、どんなシーンに着ていけばいのでしょうか。ゆかたのTPOを着物・礼法研究家の安田多賀子(やすだ・たかこ)さんに教えてもらいました。

 

*  *  *

 

ゆかたはいつ着るの?

 

一般的な着物には季節に合わせた装い方のルールがありますが、基本的にゆかたは現代では遊び着なので、難しい決まり事はありません。着たいときに着てよいのですが、日本で街着として楽しむには、やはり7月、8月の暑い時期です。花火大会や夏祭りもこの時期に集中するので、最も出番が多くなるでしょう。

 

どこに着ていくの?

 

ゆかたも着物のひとつで、着物のランクでは最もカジュアルなものです。洋服でいうなら、Tシャツにジーンズのようなもの。着ていく場所や目的も、それと同じと考えるとわかりやすいでしょう。ゆかた姿が似合うのは、花火大会や夏祭りなどのほか、スポーツ観戦や野外コンサート、カジュアルなカフェ、レストランなどです。

 

■『NHKまる得マガジン はじめてでも安心! ゆかたのすっきり着付け術』より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • bnr-texttop2021-300×56

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2021_300×56px

000061993032021_01_136

NHKまる得マガジンMOOK 毎日イキイキ!解いて動いて 脳活生活

2021年10月25日発売

定価 880円 (本体800円)

000061992902020_01_136

家族のため、わたしのため からだのための常備菜

2020年03月21日発売

定価 990円 (本体900円)

000000817802019_01_136

平成最後の一年 NHK記者が見た天皇皇后両陛下

2019年12月10日発売

定価 1760円 (本体1600円)