暮らし

データ写真 撮りっぱなし、ためっぱなしはリスク大!


2015.04.29

イラスト:ノダマキコ

気軽に撮れるからこそどんどんたまってしまう、デジタルカメラや携帯電話、スマートフォンで撮影したデータ写真。メリットもたくさんありますが、撮りっぱなしで放っておくことにはリスクもある、と整理収納アドバイザーのEmi(えみ)さんは指摘します。

 

*  *  *

 

慣れれば扱いもラク! データ写真のメリット

 

デジタル化で半永久的に保存が可能

デジタルデータとして記録されるため、データの破損や紛失がないかぎり、退色や変色することなく半永久的に保存が可能。

 

たくさんの写真をコンパクトに保管

フィルムや紙焼き写真とは違って手に取れる“ 形” として残るものではないので、場所を取らずに保管することができます。

 

携帯電話・スマートフォンで決定的瞬間も逃さず!

携帯電話やスマートフォンで撮ったものはデータ写真に。常に携帯する身近な“カメラ” で、タイミングを逃さずに撮影が可能。

 

撮りっぱなし、ためっぱなしはリスクがいっぱい!

 

パソコン本体にもHDD が内蔵されているので写真データの保管は可能ですが、データの保存に多くの容量が使われると、パソコンの動作が遅くなり、そのままにしておくとメールの送受信や画像の取り込みなどもできなくなることがあります。パソコンの故障などのトラブルに備える意味でも、大切な思い出のデータは外付けHDDに保存し、バックアップをとっておきましょう。

 

■『NHKまる得マガジン 「とっておきアルバム」を作る 簡単! 写真の整理術』より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • bnr-texttop2021-300×56

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2021_300×56px

000061992902020_01_136

家族のため、わたしのため からだのための常備菜

2020年03月21日発売

定価 990円 (本体900円)

000000817802019_01_136

平成最後の一年 NHK記者が見た天皇皇后両陛下

2019年12月10日発売

定価 1760円 (本体1600円)

000061992862019_01_136

NHK趣味どきっ!MOOK 5日ではじめる!5日で使える!はじめてのスマホ

2019年08月26日発売

定価 990円 (本体900円)