暮らし

ちらりと見えた靴下にがっかり…スーツ時のソックス、正解は?


2014.02.13

ソックスは薄手のリブ編み、グレーの無地が万能。撮影:栗林成城

英国発祥のドレスコードでは、スーツスタイルで見せていいのは手と首だけ。スラックスと靴の隙間から素肌が見えてしまうのはマナー違反です。好みではなくても、十分な長さのあるものを選びましょう。とは言え、厚手の白ソックスなどカジュアルな靴下も論外。ビジネススタイルで選ぶべき靴下の鉄則を、雑誌や広告のファッションディレクター、俳優・芸能人のスタイリストとして活躍する森岡弘(もりおか・ひろし)さんにうかがいました。

 

*  *  *

 

座ったときなど、「足元からちらりとのぞいた靴下に、がっかりさせられる」。こんな感想を話す女性は少なくありません。「ふだんは目立たないものにこそ、配慮できる」ことが、おしゃれへのこだわりと言えるのではないでしょうか。

 

スーツに合わせる靴下は、できるだけ目立たないものを選ぶのが鉄則です。ネイビーのスーツにはネイビー、グレーにはグレーと、同系色を選びます。靴の色に合わせてもよいのですが、パンツの色に合わせたほうが、簡単ですし無難です。あるいは、「常にチャコールグレーの無地」、と決めてしまっても結構です。この色に合わない色などありませんから。

 

ブランドのロゴ入りは避けましょう。入っていたとしても、同色で目立たないものを。素材は綿、ナイロン、ウールなど。厚すぎず、薄すぎないものを選んでください。厚手の素材はカジュアルすぎますし、肌が透けるほどの薄手はオジサン臭く見えます。

 

必ず、座って脚を組んだときにも、素肌が見えない長さを選んでくださいね。

 

■『NHKまる得マガジン 知ればランクアップ!スーツの鉄則』より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • bnr-texttop2021-300×56

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2021_300×56px

000061992902020_01_136

家族のため、わたしのため からだのための常備菜

2020年03月21日発売

定価 990円 (本体900円)

000000817802019_01_136

平成最後の一年 NHK記者が見た天皇皇后両陛下

2019年12月10日発売

定価 1760円 (本体1600円)

000061992862019_01_136

NHK趣味どきっ!MOOK 5日ではじめる!5日で使える!はじめてのスマホ

2019年08月26日発売

定価 990円 (本体900円)