暮らし

植物の冬の大敵「雪」をどう乗り切るか


2013.12.24

積もった雪から出た部分の保護のため全体を不織布で巻く。

年末の大掃除や新年を迎える準備で大忙しの年の瀬は、植物たちへの気遣いを忘れてしまいがち。冬に植物を待ち構える4つの大敵のひとつ、「雪」対策を、園芸研究家の金子明人(かねこ・あきひと)さんにレクチャーしていただいた。

 

*  *  *

 

どうなる?

 

雪は、光を通し、水分も含むので、植物を覆ってしまっても生育に問題はありません。しかし枝葉に積もると、樹木や枝葉のある草花の枝や幹が重みで折れたり裂けたりします。また、木全体が雪に覆われていないと、はみ出た部分は寒風で傷みます。

 

丈の低い草花も雪に覆われても問題ありませんが、雪が解けてくると、屋根から落ちた雪で押しつぶされることがあります。

 

どうする?

 

雪国の場合、樹木の枝折れの予防に、枝全体を縛って重みで枝が折れないようにしたり、支柱を立てて支えます。雪からはみ出た上部の寒風対策も前もって行います。

 

小さな草花は屋根からの落雪から守るため、雪が降りそうになったら屋根から離れた場所に鉢を移動させておきます。

 

雪国でなければ特別な対策をせず、急な降雪の際にふり払うくらいでも大丈夫です

 

※雪以外の大敵「低温」「寒風」「霜柱」に対する具体策は、『NHK趣味の園芸2013年12月号』でご紹介しています。

 

■『NHK趣味の園芸』2013年12月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • bnr-texttop2021-300×56

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2021_300×56px

000061992902020_01_136

家族のため、わたしのため からだのための常備菜

2020年03月21日発売

定価 990円 (本体900円)

000000817802019_01_136

平成最後の一年 NHK記者が見た天皇皇后両陛下

2019年12月10日発売

定価 1760円 (本体1600円)

000061992862019_01_136

NHK趣味どきっ!MOOK 5日ではじめる!5日で使える!はじめてのスマホ

2019年08月26日発売

定価 990円 (本体900円)