趣味

盤上のファンタジスタ 伊田篤史


2021.12.31

下島陽平(しもじま・ようへい)八段が棋士たちにインタビューする人気連載「おしえて!先生たち〜!」。11月号に登場するのは同じ中部総本部所属の伊田篤史(いだ・あつし)八段です。

 

*  *  *

 

読みとパワーとアイデアを兼ね備えた盤上のファンタジスタ、伊田篤史八段。奥様は「走!攻!酒!」三拍子そろった万能棋士、万波奈穂四段である。奥様のいいところを一つあげると?

 

「主婦力が高いです!」

 

おー、想像どおりだ! 誰がなんと言おうと想像どおりだ! そんな伊田家にも第一子が誕生し、奈穂四段はお休み中。伊田八段としては一層気合いが入っているに違いない。僕からするとけっこう後輩だが、碁に関して聞きたいこと、教えてほしいことは山ほどある。

 

伊田八段といえば、イメージは「読み」。ストレートに聞いてみた。

 

読みって何?

 

「頭の中で石を置いていく作業です」

 

ウソみたいな答えが返ってきた。当たり前である。そうじゃなくてさ、読みといっても、読んでもしょうがないところを一生懸命読んでも意味がないよね?

 

読みの前に大事なことがあると思うんだけど、それを言葉にすると?

 

「うーん、読んでもしかたないのを読まなくて済むようにするには、やはり経験が大きいんじゃないかと思います」

 

なるほど。いろんな経験をして、いいアイデアが浮かぶようになり、それについて読みを入れる。といった感じか。

 

わたくし、下島に一番必要だと思うアドバイスをください。

 

同じ中部所属、そこそこつきあいもあり、仲はいい。はず。きっとすばらしいアドバイスをくれるだろう。

 

「勉強?」

 

2文字で終わった…。悪夢のようなアドバイスだ。

 

「勝負の上で一番大事なのは自分が勝つと信じて疑わないことだと思うので、自信が持てる量の勉強をするか、自己暗示が大事です!」

 

自信が持てる量の勉強。これは本当にそうだなあ…。自己暗示も、勉強量と比例しそう。やはり強くなるためには勉強するしかないのだ。

 

※続きはテキストでお楽しみください。

 

■『NHK囲碁講座』2021年11月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • bnr-texttop2021-300×56

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2021_300×56px

000000818582021_01_136

頭をつかう新習慣!ナゾときタイム3

2021年06月25日発売

定価 1100円 (本体1000円)

000069233892021_01_136

NHK大河ドラマ・ガイド 鎌倉殿の13人(前編)

2021年12月25日発売

定価 1210円 (本体1100円)

000061993072021_01_136

NHK趣味どきっ!MOOK はじめてのスマホ すぐできる!かんたんスマホ操作ブック

2021年12月15日発売

定価 990円 (本体900円)