趣味

堆肥や培養土にカビが生えたら使わないほうがいい?


2021.12.18

培養土 撮影:福田 稔

堆肥や培養土を使おうと思ったらカビが生えていた……こんな時は廃棄すべきなのでしょうか。恵泉女学園大学人間社会学部教授の藤田 智(ふじた・さとし)さんに教えてもらいました。

 

*  *  *

 

カビが生えた堆肥や培養土も、使えないわけではありません。ただ、そこに直接タネをまいたり、苗を植えたりする培養土の場合、その中に病原菌がいて野菜が病気になる場合もあるので、念のために殺菌消毒をしましょう。晴れた日を選んで袋から出し、シートなどに広げて、太陽熱でカラカラに乾燥させます。使う前には水を加え、よく混ぜて水となじませましょう。乾いたまま使うと、培養土に入っているピートモスが水をはじいてしまうからです。

 

堆肥は、そのまま土に混ぜても大丈夫。土の中にはそもそも、カビをはじめとするさまざまな微生物がすんでいるからです。もし、堆肥の中に野菜の病原菌が潜んでいても、多様な微生物のほんの一部であり、基本的には施用後、1週間たってから作付けするわけですから、あまり問題ではありません。

 

堆肥や培養土は、長く保管していればカビが生えることもあります。でも、使用する少し前に買った製品にカビが生えたら、それはあまり品質がよいとはいえません。今後は別の製品を選んだほうがよいでしょう。

 

■『NHK趣味の園芸 やさいの時間』2021年12月・2022年1月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • bnr-texttop2021-300×56

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2021_300×56px

000000818582021_01_136

頭をつかう新習慣!ナゾときタイム3

2021年06月25日発売

定価 1100円 (本体1000円)

000069233892021_01_136

NHK大河ドラマ・ガイド 鎌倉殿の13人(前編)

2021年12月25日発売

定価 1210円 (本体1100円)

000061993072021_01_136

NHK趣味どきっ!MOOK はじめてのスマホ すぐできる!かんたんスマホ操作ブック

2021年12月15日発売

定価 990円 (本体900円)