趣味

ホウレンソウは夜も明るい場所はNG!


2021.12.06

撮影:栗林成城

真冬にとれる貴重な葉もの野菜の代表ともいえるホウレンソウは、寒締めでより甘く、より肉厚になっておいしくなります。収穫前にしっかり寒さに当てましょう。恵泉女学園大学人間社会学部教授の藤田 智(ふじた・さとし)さんが、ホウレンソウ栽培のポイントを教えてくれました。

 

*  *  *

 

夜も明るい場所はNG!

 

ホウレンソウは、日が長くなるととう立ち(花茎を伸ばして花を咲かせること)する性質があります。そのため、夜間も明るい場所で育てると、昼間が長くなったと勘違いしてとう立ちしてしまうので、外灯や街灯の近くで育てるのは避けます。菜園が庭やベランダの場合は、明かりがもれないように、夜はカーテンを閉めましょう。

 

pH6.5~7.0に調整する

 

酸性土壌が苦手なので、タネまきの1~2週間前に土壌酸度を測定し、pH6.5~7.0になるように苦土石灰をまきます。

 

真冬の野菜作りに3種の保温資材

 

寒い時期にタネをまくには、保温のための資材が不可欠です。マルチ、不織布、保温シートの3種の資材を駆使して、少しでも寒さを和らげましょう。寒さで生育がゆっくりになるので、12月以降にタネをまく場合は収穫まで2か月以上かかります。

 

■『NHK趣味の園芸 やさいの時間』2021年12月・2022年1月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • bnr-texttop2021-300×56

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2021_300×56px

000000818582021_01_136

頭をつかう新習慣!ナゾときタイム3

2021年06月25日発売

定価 1100円 (本体1000円)

000069233892021_01_136

NHK大河ドラマ・ガイド 鎌倉殿の13人(前編)

2021年12月25日発売

定価 1210円 (本体1100円)

000061993072021_01_136

NHK趣味どきっ!MOOK はじめてのスマホ すぐできる!かんたんスマホ操作ブック

2021年12月15日発売

定価 990円 (本体900円)