趣味

孤高の天才!? 鈴木伸二七段に質問


2021.11.23

下島陽平(しもじま・ようへい)八段が棋士たちにインタビューする人気連載「おしえて!先生たち〜!」。10月号に登場するのは鈴木伸二(すずき・しんじ)七段です。

 

*  *  *

 

「当代随一の本格派」

 

同じように思っている棋士は多いはず。もしも囲碁界の七不思議があるなら、こ

の人にいまだビッグタイトルがないことが、その一つに挙げられるのではないか。

 

鈴木伸二七段。通称「ウニ」。

 

実は僕自身、ほとんどお話ししたこともなく、ただただ棋譜を見て、なんと美しい碁を打つんだ!とほれぼれしながら鑑賞している棋士である。いつかこの人に、いろいろ聞いてみたいと思っていた。

 

しかし、あまり面識もないのに「ウニ」と呼び捨てはいけないか…? 「ウニさん」?「ウニどん」…? ところでなぜ「ウニ」??

 

早速、昨今どうしても避けて通れない、AIについて…。自分はAIがあまり好きではないが、時代の流れに飲み込まれ最近では使うようになった。でも、できたら使わずにやり過ごしたいが…。

 

AIを使わなくても強くなれますか?

 

「使わなくても強くなると思います。結局はAIが示した手をそしゃくして理解する能力、それを踏まえての研究量、詰碁などで鍛えた読みの能力など、その人の努力とセンスが必要で、AIをむやみに使うと大ケガする気がします」

 

うーん、どこか哲学的な答えだ。結局は使う者がいかに自分に合った使い方をするか?ということだろう。

 

歴史上、最強の棋士は誰だと思いますか?

 

「道策先生ですかね。強い人のマネをすると少し勝率が上がることもありますが、自分の能力をはるかに超えた強さの人のマネをするとケガします。昔、道策先生の打碁集を並べて何となくマネしようとして酷(ひど)い目に遭って、AIを適当にマネして酷い目に遭った時と近い感覚を受けました」

 

おー! 本因坊道策! 歴代最強論議になると、必ず挙がる名前である。自分なんかは難しくてよく分からないが、華麗なイメージがある。

 

※続きはテキストでお楽しみください。

※段位・タイトルはテキスト発売当時のものです。

 

■『NHK囲碁講座』2021年10月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • bnr-texttop2021-300×56

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2021_300×56px

000061993042021_01_136

NHKすてきにハンドメイドセレクション かぎ針編みのおざぶとかご

000069233882021_01_136

NHK大河ドラマ・ガイド 青天を衝け 完結編

2021年10月29日

定価 1210円 (本体1100円)

000069235972021_01_136

NHKドラマ・ガイド 連続テレビ小説 カムカムエヴリバディ Part1

2021年10月25日発売

定価 1320円 (本体1200円)