趣味

秋空に映えるマムとサルビア どっちを植える?


2021.10.07

マム‘ブロッサムタイム’の周囲に五色トウガラシを配して、キュートな寄せ植えに。撮影:田中雅也

今の季節におすすめの植物2種類を、2人の講師によるプレゼンテーション合戦で紹介するシリーズ。今回は秋空に映えるマムvs.サルビアの草花対決です。マムのプレゼンターは園芸研究家の杉井志織(すぎい・しおり)さん、サルビアのプレゼンターは園芸研究家の矢澤秀成(やざわ・ひでなる)さんです。

 

*  *  *

 

マムは庭でも部屋でも楽しめる!

 

マムは、ガーデニング向きに育てやすく美しく改良された洋ギクのこと。なかでも鉢植え向きにコンパクトに改良された園芸品種を「ポットマム」と呼びます。

 

マムの魅力は、なんといっても圧倒的な扱いやすさ。栽培にはほとんど手間がかかりません。そして、草丈が高いものから低いものまで数多くそろい、花形や花色のバリエーションも豊か。花もちもよいので、切り花にして長く飾ることも。きっとお気に入りの楽しみ方が見つかりますよ!

 

サルビアだけでおしゃれガーデンに

 

公園などでよく見る朱赤の花・スプレンデンスが有名ですが、魅力的なサルビアはそれだけではありません。世界中になんと900以上の種類があるともいわれ、草丈は20cmから1m以上に育つものまで。花色も白から赤、黄色に水色、黒に近い紫色までと、まさによりどりみどり。サルビアだけの植栽も見ごたえ十分で、管理の手軽さも強みです。

 

寒さに弱く一年草扱いのタイプもありますが、今回は何年も楽しめる宿根草タイプを中心に勝負。魅力を存分にお伝えします。

 

※テキストではそれぞれのさらなる魅力、育て方を紹介しています。

 

■『NHK趣味の園芸』2021年10月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • bnr-texttop2021-300×56

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2021_300×56px

000069235962021_01_136

NHKドラマ・ガイド 連続テレビ小説 おかえりモネ Part2

2021年08月10日発売

定価 1210円 (本体1100円)

000000057182021_01_136

青天を衝け(三)

2021年08月10日発売

定価 1540円 (本体1400円)

000064072752021_01_136

別冊NHK俳句 脳活!まいにち俳句パズル 秋冬編

2021年08月20日 発売

定価 880円 (本体800円)