趣味

冬越し野菜 成功のコツ


2021.10.31

とう立ちして、球が太らなかったタマネギ。早植えや、苗が大きすぎたことが原因。撮影:丸山 滋

冬越しとは、秋から初冬に栽培を始め、冬を越させること。こうして育てて、翌春以降に収穫する野菜を「冬越し野菜」「越冬野菜」といいます。上手に冬越しさせるコツを、恵泉女学園大学人間社会学部教授の藤田 智(ふじた・さとし)さんにうかがいました。

 

*  *  *

 

主な冬越し野菜は、タマネギ、ニンニク、ラッキョウ、イチゴ、エンドウ、ソラマメなどがあります。ほかの野菜との大きな違いは、生育に寒さが必要で、寒さに当たることで収穫サイズになる性質があること。

 

なお、冬の菜園にはほかに、11~12月に栽培を始めるダイコンやニンジン、キャベツなどがありますが、こちらは冬越し野菜ではありません。これらの本来の栽培適期は冬ではなく、寒さは生育の妨げになることはあっても、必要ではないからです。

 

成功のコツ

 

1 スタートの適期を守る

 

冬越し野菜は、スタート適期が短いのも特徴。スタートが早すぎると株が大きくなりすぎ、遅すぎると小さすぎてうまく育ちません。

 

2 適切なサイズで冬越し

 

冬越し野菜には種類ごとに、最も耐寒性が強い株のサイズがあります。このサイズで冬を乗り切らせると、冬越し中に枯れる心配はいりません。

 

3 防寒はほどほどに

 

冬越し野菜は寒さに当てる必要があるため、過度な防寒は厳禁。霜や寒風が厳しい場合のみ、不織布や防虫ネットで防寒する程度がよいでしょう。

 

4 冬越し中も手入れする

 

寒さで地上部の生育に大きな変化は見られませんが、地下では根が伸びています。除草や枯れ葉取りなどの手入れは、冬期も行いましょう。

 

■『NHK趣味の園芸 やさいの時間』2021年10・11月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • bnr-texttop2021-300×56

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2021_300×56px

000061993042021_01_136

NHKすてきにハンドメイドセレクション かぎ針編みのおざぶとかご

000069233882021_01_136

NHK大河ドラマ・ガイド 青天を衝け 完結編

2021年10月29日

定価 1210円 (本体1100円)

000069235972021_01_136

NHKドラマ・ガイド 連続テレビ小説 カムカムエヴリバディ Part1

2021年10月25日発売

定価 1320円 (本体1200円)