趣味

ケール&黒キャベツ 栽培のポイント


2021.08.01

撮影:栗林成城

健康野菜として注目されるケールと、カーボロネロとも呼ばれる黒キャベツは、どちらもキャベツの仲間で、比較的育てやすいのが魅力。結球しない葉をかき取って収穫します。栽培のポイントとおいしく食べるヒントを、恵泉女学園大学人間社会学部教授の藤田 智(ふじた・さとし)さんに教えてもらいました。

 

*  *  *

 

栽培のポイント1 初期生育を健康に乗り切る

 

タネまきや植えつけの時期は、害虫の活動が活発なので、防虫ネットをかけて予防します。防虫ネットには軽い乾燥予防と遮光の効果もあり、高温乾燥期を乗り切る頼もしい資材です。葉がネットの天井に触れるようになったらネットを外しますが、このころには気温が下がり、害虫も少なくなります。

 

栽培のポイント2 溝施肥で根の張りを深く

 

溝施肥(みぞせひ)とは、畝(うね)に掘った溝に元肥(もとごえ)をまくやり方です。深い位置に肥料を置くことで、根が肥料を求めて深く伸びる効果があります。肥料もちもよいので、ケール、黒キャベツのような栽培期間が長い野菜に適しています。施肥の前に、畝全体に苦土石灰(くどせっかい)をまいて耕しておきます。

 

ケールと黒キャベツは、加熱調理が美味! 若い葉なら生でも

 

ケールと黒キャベツの葉は、どちらも軸が少し堅いので、軸に対して垂直に細切りにすると食べやすい。トマトなどほかの野菜と一緒に煮込んだり、シチューやスープ、みそ汁の具にしたり、厚揚げや卵などと炒めたりするほか、大ぶりに手でちぎって素揚げにし、チップスにしてもおいしい。柔らかく若い葉なら、サラダやスムージーにも。

 

16501082021_p030_01

撮影:北村文枝

 

■『NHK趣味の園芸 やさいの時間』2021年8・9月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • bnr-texttop2021-300×56

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2021_300×56px

000069235962021_01_136

NHKドラマ・ガイド 連続テレビ小説 おかえりモネ Part2

2021年08月10日発売

定価 1210円 (本体1100円)

000000057182021_01_136

青天を衝け(三)

2021年08月10日発売

定価 1540円 (本体1400円)

000064072752021_01_136

別冊NHK俳句 脳活!まいにち俳句パズル 秋冬編

2021年08月20日 発売

定価 880円 (本体800円)