趣味

テラリウムってなあに?


2021.07.31

果実酒瓶でつくるミニ観葉の寄せ植え 撮影:田中雅也

テラリウムは、密閉した透明な器の中で植物を育てる室内園芸です。清潔で手がかからず、グリーンインテリアとしても人気。園芸家の深町貴子(ふかまち・たかこ)さんに、テラリウムの起源、楽しみ方を教えてもらいました。

 

*  *  *

 

プラントハンターの「ウォードの箱」が起源

 

テラリウムの起源は、プラントハンターが活躍した19世紀までさかのぼります。当時、新天地で発見した植物を枯らさずに本国に送り届けることが、彼らの使命でした。さまざまな方法が試みられ、密閉したガラスの箱にシダを入れ、イギリスからオーストラリアに運んでみたところ、半年に及ぶ航海を経ても、シダは箱の中で生き生きとしていました。この発明をしたイギリス人医師の名にちなみ、シダを運んだガラスの箱は「ウォードの箱」と名づけられました。

 

その後、ウォードの箱を模した室内園芸用のガラスケースが人気となり、「テラリウム」の名で、家庭でも楽しまれるようになりました。

 

ガラスの器越しに緑の地球を観察する

 

ところで、どうして密閉した器の中で植物が育つのか、不思議ではありませんか?

 

テラリウムは、植物が光合成や呼吸をすることで、水と酸素と二酸化炭素が密閉した器の中で循環して、小さな地球が成立しているのです。

 

そのため、器はいつも曇っています。植物が呼吸や蒸散をしているからです。植物が生活をして、大気や水が循環する地球の仕組みを観察できるのも、テラリウムの魅力です。

 

ときどきふたを開けて曇りを取ったり、中をのぞいたりしてもいいですが、器の中で成立していたバランスがくずれると、植物が大きく育ちすぎたりするので、ほどほどにしましょう。

 

テキストでは、身近な材料でできる簡単テラリウムのつくり方は紹介しています。

 

■『NHK趣味の園芸』2021年8月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • bnr-texttop2021-300×56

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2021_300×56px

000069235962021_01_136

NHKドラマ・ガイド 連続テレビ小説 おかえりモネ Part2

2021年08月10日発売

定価 1210円 (本体1100円)

000000057182021_01_136

青天を衝け(三)

2021年08月10日発売

定価 1540円 (本体1400円)

000064072752021_01_136

別冊NHK俳句 脳活!まいにち俳句パズル 秋冬編

2021年08月20日 発売

定価 880円 (本体800円)