趣味

上野愛咲美女流棋聖は「楽しむこと」の達人


2021.06.11

4月に開講した「取れると楽しい!上野愛咲美のハンマーパンチ」で司会を務める下島陽平八段。コラム「下島陽平のおしえて!先生たち〜!」では、上野愛咲美女流棋聖の素顔に迫ります。

 

*  *  *

 

前回に引き続き、愛咲美先生の答えの中からさまざまなヒントを得ようと、たくさんの質問をぶつけてみた。いろいろと聞いていると、よく出てくる言葉があることに気付く。例えば「強くなるために一番必要だと思うことは?」や「対局に臨む時に心がけていることは?」と質問した時の答えは、「楽しむこと!」。

 

「楽しむ」「楽しい」この言葉が本当に多いのだ。仲のいい人にはどんな性格だと言われますか?と聞いてみると、「人生楽しそうだね!と言われます」とのこと。座右の銘は「笑門来福」だそう。

 

よし、今日から自分も常に大爆笑しよう。アゴが外れんばかりに声高らかに笑ってみたら、3歳のわが娘に、大丈夫? と言われた。

 

お父ちゃんは大丈夫だ。

 

尊敬する人を教えてください

 

「たくさんいますが、藤澤一就先生と里菜先生がすぐに浮かびました」とのこと。言うまでもなく、藤澤一就先生はお師匠さんであり、藤沢里菜女流四冠はお姉さん的な存在であり、タイトルを争っているライバルでもある。愛咲美先生のふだんの会話の中にもお二人は多く登場し、心から尊敬し、仲良しであることがよく伝わってくる。

 

藤沢秀行先生からつながる一門は、非常におおらかで、明るく魅力的な人たちを生み出すのだなぁと改めて感じる。さて、次の質問で何とも衝撃的な答えが…。

 

これまでで最大の失敗を教えてください

 

「プロ試験で2手打ち反則負けしたことです。親にも言えなくて、さっき言ったらビックリしてました(笑)」

 

ええー! その時の状況はどうだったの!? もう少しだけ詳しく教えてください!

 

「白番で、2手目と3手目を続けて打ちました」

 

ウソー!! 始まってすぐってこと…??

 

「そうですね(笑)。相手が、んっ!?ってなって、私があっ!?ってなって、フッ…と時が止まりました(笑)。時はよく止まります。転んだりしても止まります」

 

もはや凡人には解読不能である。しかし、こうやって話してくれる雰囲気は、「失敗談」ではなく、「楽しかった笑い話」に聞こえてしまう。

 

※続きはテキストでお楽しみください。

※段位・タイトルはテキスト発売当時のものです。

 

■『NHK囲碁講座』連載「下島陽平のおしえて!先生たち〜!」2021年5月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • bnr-texttop2021-300×56

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2021_300×56px

000000162822021_01_136

NHK俳句 夏井いつきの俳句道場

2021年06月18日発売

定価 1540円 (本体1400円)

000061992982021_01_136

NHKすてきにハンドメイドセレクション さらりと着やすい すてきな大人服

2021年05月19日発売

定価 1540円 (本体1400円)

000000162812021_01_136

サラリーマン川柳 いっしん傑作選

2020年05月31日発売

定価 1100円 (本体1000円)