趣味

がんばらない野菜づくり 「3つの手間」でトマトを育てよう


2021.06.14

トマトの誘引 撮影:岡部留美

コロナ禍で思うように外出できない今年は、がんばらない野菜作りに挑戦しませんか。野菜は、手間をかけたほうがよく育ちますが、今年の夏に目指すのは「まずまずの収穫」。そのために最低限かけたい3つの手間を、トマトのケースで紹介します。

 

*  *  *

 

トマト栽培のキモは、わき芽をすべて摘み取って主枝(しゅし)1本だけを伸ばす「1本仕立て」にすること。養分の分散を防ぎ、甘くおいしい実を育てます。

 

1 誘引

 

週に1回、伸びた主枝をひもで支柱に結びつける。枝にひもを回しかけ、数回ひねってから支柱に固定する。トマトには、株のなかで最も高い位置(地面から離れた位置)にある芽が優先的に成長する性質がある。誘引しないと枝が傾いて主枝の先端が下向きになり、わき芽の成長が優先されて主枝の生育や実のつきが悪くなる。実の重みで枝が折れることも。

 

2 わき芽かき

 

週に1回、伸びたわき芽をすべて摘み取る。わき芽は、同じところから何度も伸びてくるので、全体をチェック。わき芽を伸ばすと、主枝に回るはずの養分が分散される。その結果、株全体の生育が悪くなり、花や実の数が少なくなったり、実が小さくなったり、おいしくなくなったりしてしまう。

 

3 追肥

 

植えつけの1か月後から2週間に1回、化成肥料30g/平方メートルを追肥する。マルチをしている場合は、マルチのすそをめくって畝(うね)の肩にまき、土と軽くなじませてからマルチを元に戻す。肥料切れを起こすと花つきや実つきが悪くなり、収穫量が減る。梅雨明け後の本格的な暑さの前に株がバテると、収穫期間が短くなる可能性もある。

 

※管理・作業の詳細はテキストに掲載しています。

※テキストではこの他にナス、キュウリ、カボチャ、スイカなどの「3つの手間」を紹介しています。

 

■『NHK趣味の園芸 やさいの時間』2021年6・7月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • bnr-texttop2021-300×56

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2021_300×56px

000000162822021_01_136

NHK俳句 夏井いつきの俳句道場

2021年06月18日発売

定価 1540円 (本体1400円)

000061992982021_01_136

NHKすてきにハンドメイドセレクション さらりと着やすい すてきな大人服

2021年05月19日発売

定価 1540円 (本体1400円)

000000162812021_01_136

サラリーマン川柳 いっしん傑作選

2020年05月31日発売

定価 1100円 (本体1000円)