趣味

短時間で甘く育つ! 夏エダマメ成功のコツ


2021.06.09

撮影:阪口 克

4~5月にタネをまくのが一般的なエダマメ。今回は真夏に収穫できる、6月まきの成功のコツをエダマメ名人・加藤正明(かとう・まさあき)さんがレクチャーしてくれました。

 

*  *  *

 

6月まきのメリット

 

4~5月にタネをまいた人も、6月にもう一度ずらしまきをすれば8月上旬〜9月下旬に収穫でき、夏じゅうとりたてのエダマメを味わえます。

 

ただし、高温下での栽培となる6月まきは、4~5月まきに比べて、暑さによる発芽不良や害虫による被害が多くなり、栽培の難易度はやや高め。5つの対策を徹底して、甘くておいしいエダマメ収穫を目指しましょう。本稿ではタネまき前後のポイントを紹介します。

 

ポイント1 あらかじめ遮光して地温を下げるべし

 

エダマメは、地温が30℃を超えると発芽しにくくなるので、暑い時期にタネをまく場合、タネまきの前日に遮光ネットで日よけをして、地温を下げておくのがポイントです。発芽直後の芽は弱々しく、夏の直射日光でダメージを受けやすいので、初生葉(しょせいよう/マメ科野菜などで、双葉の次に出る葉)が完全に開いてから遮光ネットを外しましょう。

 

ポイント2 タネまき後の水やりは避けるべし

 

エダマメの場合、タネまき後の水やりはしないのが加藤流。急激な水分吸収でタネが膨張して腐りやすいうえ、水やりで地温がより高温になり、根がダメージを受けて発芽障害を起こしやすくなるからです。ただし、土がカラカラに乾いていたら、あらかじめ土に水をまき、半日ほど落ち着かせてからタネをまきます。

 

※これ以降のポイントはテキストをご覧ください。

 

■『NHK趣味の園芸 やさいの時間』2021年6・7月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • bnr-texttop2021-300×56

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2021_300×56px

000000162822021_01_136

NHK俳句 夏井いつきの俳句道場

2021年06月18日発売

定価 1540円 (本体1400円)

000061992982021_01_136

NHKすてきにハンドメイドセレクション さらりと着やすい すてきな大人服

2021年05月19日発売

定価 1540円 (本体1400円)

000000162812021_01_136

サラリーマン川柳 いっしん傑作選

2020年05月31日発売

定価 1100円 (本体1000円)