趣味

ステイホームで楽しむ茶の湯


2021.04.20

撮影:竹前 朗

茶の湯への最初の一歩を踏み出すためにまず、お茶を味わってみましょう。今回は「いつでも・どこでも・誰とでも」実践できるお茶の点て方やいただき方を紹介します。教えてくださるのは、武者小路千家第十四代家元 千宗守(せん・そうしゅ)さんです。

 

*  *  *

 

茶の湯でいうお茶には、「濃茶(こいちゃ)」と「薄茶」の二種類があります。濃茶とは最上級の抹茶をたっぷりと使い、練るもの。茶席では通常、数名が回し飲みします。一方、薄茶は濃茶に比べると少量の抹茶に一人分の湯を加え、軽く泡立てるようにして点てるもの。一人に一碗が出されます。濃茶は格式が高く、茶の湯で「御茶」といえば濃茶を指しますが、一般に知られているのは薄茶です。

 

薄茶をおいしく点てるには、いくつかのポイントがあります。まず、清潔な道具を準備すること。ポットや布巾に臭いがあると、お茶に移ってしまいます。また、下準備をきちんとすると、固まりがなく口当たりのよいお茶を温かいうちにいただくことができます

 

お茶を点てるための道具は身近なもので代用できますが、代用がきかないものは茶筅(ちゃせん)です。茶筅は竹でできた茶の湯専用の道具で、流儀によって違いがあります。その他の道具は代用できますが、実際にお茶を点ててみると、茶の湯のために作られた道具の使い勝手のよさがよくわかり、茶道具への関心が高まるでしょう。

 

62288122021_p010_01

茶筅以外は身近なもので代用が可能 撮影:宮村正德

 

※テキストでは薄茶の点て方を写真と共に詳しく紹介しています。

 

■『NHK趣味どきっ!茶の湯 武者小路千家 春に楽しむ茶の湯の遊び』より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • bnr-texttop2021-300×56

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2021_300×56px

000000361432021_01_136

NHKシャキーン! シャキーン!の木のきのまたゆ

2021年04月28日発売

定価 1650円 (本体1500円)

000000818522021_01_136

頭をつかう新習慣!ナゾときタイム2

2021年03月25日発売

定価 1100円 (本体1000円)

000069235942021_01_136

NHKドラマ・ガイド 連続テレビ小説 おちょやん Part2

2021年02月27日発売

定価 1210円 (本体1100円)