趣味

高温多湿の日本の夏にも負けない! サトイモを育てよう


2021.05.02

撮影:栗林成城

今が植えつけ適期のサトイモ。高温多湿に強いのでジメジメした日本の夏にも負けずに育ちます。恵泉女学園大学人間社会学部教授の藤田 智(ふじた・さとし)さんがサトイモ栽培の3つのポイントを教えてくれました。

 

*  *  *

 

ほかの野菜の日照を妨げない場所に植える

 

サトイモは葉が大きいうえ、成長すると草丈が1.2~1.5mほどにもなります。そのため、隣で別の野菜を育てる場合は要注意。サトイモの日陰になるとほかの野菜が育ちにくいため、日照をさえぎらない場所を選んで植えつけることが大切です。

 

月1回の追肥と土寄せで、イモを太らせる

 

大きなサトイモを収穫するためには、定期的な追肥で養分を与え、土寄せでイモが太るスペースを作るのが肝心です。土の量は、一度にたくさん寄せすぎると子イモの数が少なくなり、少なすぎるとイモが地表に出て緑色になるので、月に1回、5~10cmほどの高さで土を盛るとよいでしょう。

 

梅雨明け後は敷きワラと水やりで乾燥防止

 

サトイモ栽培の大敵は、夏の乾燥です。水分が不足するとイモが肥大しにくくなるので、梅雨が明けたら株元にワラを敷いて乾燥を防ぎます。乾燥が続くときは週に1~2回を目安に水をたっぷりやるのも、大きなイモを育てるポイントです。

 

■『NHK趣味の園芸 やさいの時間』2021年4・5月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • bnr-texttop2021-300×56

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2021_300×56px

000000361432021_01_136

NHKシャキーン! シャキーン!の木のきのまたゆ

2021年04月28日発売

定価 1650円 (本体1500円)

000000818522021_01_136

頭をつかう新習慣!ナゾときタイム2

2021年03月25日発売

定価 1100円 (本体1000円)

000069235942021_01_136

NHKドラマ・ガイド 連続テレビ小説 おちょやん Part2

2021年02月27日発売

定価 1210円 (本体1100円)