趣味

中部総本部所属棋士の大きな目標、王冠戦


2021.03.15

日本棋院中部総本部所属の下島陽平(しもじま・ようへい)八段が綴るコラム「中部発!尾張なき旅」。今月は、中部総本部と中日新聞社が主催し、中部地方ナンバーワンを決める棋戦「王冠戦」について語ります。

 

*  *  *

 

中部総本部所属の棋士にとって、プロ入りした時からの大きな目標の一つとして、「王冠戦」があります。島村俊廣先生、岩田達明先生、羽根泰正先生、山城宏先生、羽根直樹先生、他にもたくさんいらっしゃいますが、名だたる棋士が王冠のタイトルを獲得しています。

 

そして現在の王冠位は、伊田篤史王冠。今回防衛すると5連覇!

 

NHK杯やさまざまな棋戦で活躍中の志田達哉八段や六浦雄太七段でも、まだ獲得に至っていないので、すごい数字であることがお分かりいただけると思います。

 

第61期の挑戦者になったのは、大竹優四段19歳! 実は何を隠そう、僕の弟弟子なのです。もし奪取すれば、王冠戦史上最年少!

 

途中まで大竹四段得意のヨセ勝負に持ち込むか!? という展開の中、大ヨセ手前に伊田王冠のハードパンチがヒット。

 

これを境に後退を余儀なくされた大竹四段、無念の投了となり、伊田王冠、5連覇達成となりました。伊田王冠の壁は厚かったものの、我が吉岡一門にとって今回の大竹四段の挑戦は、これまでの最高地点! 師匠の吉岡先生が対局に一つの区切りをつけ、故郷の佐賀県に帰り、後進の指導に専念されることになったタイミングでの挑戦。大竹四段も気合いが入っていたと思いますが今回は残念!

 

しかしこれからも、碁を通じて活躍することで師匠に対して恩返しをせねばと改めて感じた、大竹優四段の初タイトル戦でした。

 

※段位・タイトルはテキスト発売当時のものです。

 

■『NHK囲碁講座』2021年2月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • bnr-texttop2021-300×56

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2021_300×56px

000000818522021_01_136

頭をつかう新習慣!ナゾときタイム2

2021年03月25日発売

定価 1100円 (本体1000円)

000069235942021_01_136

NHKドラマ・ガイド 連続テレビ小説 おちょやん Part2

2021年02月27日発売

定価 1210円 (本体1100円)

000000162802021_01_136

アルカリ色のくも 宮沢賢治の青春短歌を読む

2021年02月20日発売

定価 1760円 (本体1600円)