趣味

ハーブとの暮らしを始めよう


2021.02.25

北海道在住のかりのさんの庭には、約100種のハーブが育っている。「一時は鉢でいろいろなハーブを試しに育てていたので、300種くらいあったんですよ」 撮影:大泉省吾

心地よい香りで心を癒やし、心身の調子も整えてくれるハーブ。暮らしの中に上手に取り入れ、毎日を豊かにする使い方をハーブ研究家・かりのあさのさんに教わりました。

 

*  *  *

 

育てたハーブを暮らしに生かし心も体も健やかに

 

自宅の庭で約100種類ものハーブを育て、その楽しみ方を広く伝えているかりのさん。育てたハーブは毎日の料理に取り入れるほか、調味料やお茶、クラフトにとさまざまな場面で生かしています。

 

「ハーブというと、ちょっと気取ったイメージがあって、どう使っていいのかわからない、という声もよく聞きます。でも、じつはシソやネギのように、とても気軽に使えるのです。よい香りで心が安らぐし、料理に彩りや味わいを加えて、体にやさしい働きもある。上手に取り入れれば、ふだんの暮らしがぐんと楽しく豊かになるんです」。ハーブの香りが素材の味を引き立てるので、自然と料理が薄味になって健康につながるという効果も期待できるといいます。

 

かりのさんが16年続けているハーブ教室の生徒さんからも「旬のハーブを使うことで、季節が巡るのが楽しみになりました」「いつもの料理にハーブの調味料を加えることで雰囲気が変わり、おいしくなるので、レパートリーが増えました」と喜ばれているそう。

 

「摘みたてのフレッシュなハーブを使えるのは、自分で育ててこその楽しみです。ハーブはいろいろな種類があるので、まずはお気に入りのハーブを見つけましょう。迷ったら、香りを嗅いでみてください。好きな香り=おいしいハーブなんです」と、かりのさん。ハーブ料理になじみがない人は、イタリア料理でよく使われるバジルイタリアンパセリなどを少しずつ試すのもよいそうです。

 

もうすぐ春。ハーブを始めるのに最適のシーズンがやってきます。毎日が楽しくなるハーブとの暮らし、始めませんか。

 

■『NHK趣味の園芸 やさいの時間』2021年2・3月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • bnr-texttop2021-300×56

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2021_300×56px

000000818522021_01_136

頭をつかう新習慣!ナゾときタイム2

2021年03月25日発売

定価 1100円 (本体1000円)

000069235942021_01_136

NHKドラマ・ガイド 連続テレビ小説 おちょやん Part2

2021年02月27日発売

定価 1210円 (本体1100円)

000000162802021_01_136

アルカリ色のくも 宮沢賢治の青春短歌を読む

2021年02月20日発売

定価 1760円 (本体1600円)