趣味

ジャガイモの植えつけは3月が適期


2021.03.07

撮影:栗林成城

ジャガイモは失敗が少なく、初心者向き。植えつけてから約3か月で、大きなイモがどっさりできます。恵泉女学園大学人間社会学部教授の藤田 智(ふじた・さとし)さんに、ジャガイモ栽培のポイントを教えてもらいました。

 

*  *  *

 

1 植えつけは急がず3月に

 

2月下旬から植えつけられますが、地温が低く芽が出るまでに時間がかかるので、3月になってからのほうがおすすめです。タネイモを早く入手したときは、無理な早植えを避け、その分「浴光催芽(よっこうさいが)」をして強い芽を出させましょう。タネイモをざるなどに並べ、昼間は明るい窓辺に置き、夜間は毛布などをかぶせて保温します。イモの向きをときどき変え、全体に日が当たるようにするのがコツです。期間は約2週間。太くてしっかりとした芽が出て(写真)、植えつけ後の生育がよくなります。

 

16501022021_p037_01

撮影:渡辺七奈

2 pH5.0~5.5に調整する

 

ジャガイモはpH5.0~5.5の酸性の土を好みます。土壌酸度を測定したうえで、適正なpHに調えるために苦土石灰(くどせっかい)をまきます。

3 しっかり土寄せ、イモを日に当てない

 

2回の土寄せで畝(うね)を高く盛り上げ、イモが太るスペースを作ります。土寄せが不十分だと、イモが露出して緑色になります(写真)。緑化した部分は有毒物質のソラニンを含むので、食用には向きません。

 

 16501022021_p037_02

撮影:福田 稔

 

■『NHK趣味の園芸 やさいの時間』2021年2・3月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • bnr-texttop2021-300×56

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2021_300×56px

000000818522021_01_136

頭をつかう新習慣!ナゾときタイム2

2021年03月25日発売

定価 1100円 (本体1000円)

000069235942021_01_136

NHKドラマ・ガイド 連続テレビ小説 おちょやん Part2

2021年02月27日発売

定価 1210円 (本体1100円)

000000162802021_01_136

アルカリ色のくも 宮沢賢治の青春短歌を読む

2021年02月20日発売

定価 1760円 (本体1600円)