趣味

野菜が元気に育つ理想の土とは? よい土の条件5つ


2021.02.09

よい土で育てると、野菜は元気に育つ。撮影:大泉省吾

秋冬野菜の収穫も終わり、畑も、畑仕事もちょっとひと休み。こんなときに、やっておきたいのが土のリフレッシュと堆肥作りです。春に向けて土を健康にし、栄養いっぱいの堆肥も用意して、おいしい野菜と収穫量アップを目指しましょう! 恵泉女学園大学人間社会学部教授の藤田 智(ふじた・さとし)さんが、よい土の5つの条件を教えてくれました。

 

*  *  *

 

よい土を作るには、今がチャンス!

 

1年間、いろいろな野菜を育ててきた畑の土。たくさんの野菜に栄養を与え続け、少々お疲れモードになっています。そのままでは春から育てる野菜の収穫量が減ってしまううえ、病原菌や害虫のリスクも高まります。

 

秋冬野菜の収穫が終わり、畑仕事も一段落したこの時期こそ、よい土作りのチャンス。じっくりと土をリセットすることで、土の中に潜む病原菌や害虫を退治でき、来春からの収穫量アップも期待できます。

 

よい土の5つの条件

 

1 水はけと通気性がよい

水たまりができるような土や粘土質の土は、空気や水も通りにくく、根腐れの原因に。

 

2 保水力がある

水もちの悪い砂質の土は乾燥しやすく、根が肥料を吸収しにくくなります。

 

3 適度は肥料分を含む

野菜が成長するためには、適度な栄養分が必要。施した肥料を蓄えておく力(保肥力)も大切です。

 

4 病原菌・害虫が少ない

野菜の大敵、病気や害虫の被害はできるだけ避けたいもの。

 

5 酸度が適正

野菜ごとに適した酸度になるよう、苦土石灰(くどせっかい)で調整しましょう。

 

※テキストでは寒起こしによる土のリフレッシュ方法、堆肥をコンポスターで作る手順などを詳しく紹介しています。

 

■『NHK趣味の園芸 やさいの時間』2021年2・3月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • bnr-texttop2021-300×56

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2021_300×56px

000000402932021_01_136

NHK趣味の園芸 12か月栽培ナビ (16)トマト

2021年02月19日発売

定価 1320円 (本体1200円)

000000402942021_01_136

NHK趣味の園芸 12か月栽培ナビNEO 多肉植物 サボテン

2021年02月19日発売

定価 1650円 (本体1500円)

000000312172021_01_136

斉藤謠子のいま作りたいシンプルな服とかわいい小物

2021年01月25日発売

定価 1760円 (本体1600円)