趣味

野菜の「とう立ち」って何?


2021.03.04

とう立ちして、タワーのようになったリーフレタス。葉は堅くて苦くなり、これ以上は枚数も増えない。撮影:成清徹也

野菜の「とう立ち」とは何なのでしょう。よくないものだと考えられがちですが、とうを食べる野菜もあるんです。恵泉女学園大学人間社会学部教授の藤田 智(ふじた・さとし)さんに、「とう」について詳しくうかがいました。

 

*  *  *

 

とう立ちさせたくないのは葉ものと根菜類

 

とう立ちとは、花芽 (はなめ/植物の芽のうち花になるもの)がついて花茎(かけい/花芽がついた茎=とう)が伸びること。正確には「抽薹(ちゅうだい/抽苔)」といいます。

 

植物は、一定の条件がそろうと花芽分化(はなめぶんか/葉や茎を作り出していた成長点に花芽ができること)し、できた花芽が発達すると、葉もの野菜や根菜類では花茎が伸びます。これがとう立ちです。とう立ちしたあと、花芽はやがて開花します。

 

トマトなどの実もの野菜は、花を咲かせて実をつけさせるものなので、とう立ちとはいいません。とう立ちが問題になるのは、葉や根を利用する葉もの野菜と根菜類です。とう立ちすると葉の数が増えなかったり、堅くなったり、根が太らなかったりするからです。

 

葉もの野菜と根菜類のとう立ちを防ぐにはまず、花芽分化させないことが大切です。

 

「とう」がおいしい野菜もある

 

穂ジソ

 

シソの花茎が伸びたもので、開花前の蕾を刺身のつまや薬味にするほか、天ぷらなどにも利用される。

 

 16501022021_p060_01

撮影:丸山 滋

 

ナバナ

 

とう立ちした花茎と蕾(つぼみ)を食べる。専用品種があるが、コマツナやハクサイなど一部のアブラナ科の花茎も美味。

 

 16501022021_p060_02

撮影:岡部留美

■『NHK趣味の園芸 やさいの時間』2021年2・3月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • bnr-texttop2021-300×56

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2021_300×56px

000000818522021_01_136

頭をつかう新習慣!ナゾときタイム2

2021年03月25日発売

定価 1100円 (本体1000円)

000069235942021_01_136

NHKドラマ・ガイド 連続テレビ小説 おちょやん Part2

2021年02月27日発売

定価 1210円 (本体1100円)

000000162802021_01_136

アルカリ色のくも 宮沢賢治の青春短歌を読む

2021年02月20日発売

定価 1760円 (本体1600円)