趣味

初出場の斎藤明日斗四段、異例の大長考


2021.02.01

左/斎藤明日斗四段、右/佐藤天彦九段 撮影:河井邦彦

第70回NHK杯2回戦第12局は、斎藤明日斗四段と佐藤天彦九段の対局となった。鈴木宏彦さんの観戦記から、序盤の展開を紹介する。

 09189102020_p060_01

 

*  *  *

 

思い切ってぶつかる

 

宮田利男八段門下には2人の新鋭がいる。2017年に四段になったのが本局の斎藤。2018年に四段になったのが本田奎五段だ。斎藤と本田は小学生時代からのライバルで、四段昇段レースでは斎藤が一歩先んじたが、本田は昨年の棋王戦でいきなり挑戦者になって周囲を驚かせた。

 

「あれは衝撃的だった。強いことは知っていたが、まさかタイトル挑戦とは。自分もうかうかできない」と斎藤。その斎藤が、「自分をアピールする場として意識した」というのが、今期のNHK杯戦だ。初出場の本戦で阿久津主税八段を相手に鮮烈な一手を放ち、86手の快勝。斎藤明日斗の名前は全国の将棋ファンの記憶に残ったと思う。その斎藤が今度は元名人の佐藤天彦九段に挑む。「思い切ってぶつかりたい」と対局前の斎藤は言った。

 

両者は練習対局の経験もなく完全な初手合いだそうだ。斎藤の先手で相掛かり。1図の△4二玉はこの局面では珍しい手。

 

「斎藤さんはヒネリ飛車を得意にしているので、それを意識した」と佐藤の感想だ。

 

 09189102020_p060_02

 

研究手

 

2図の▲3六飛が斎藤の研究手である。「角がぶつかり合っている局面での▲3六飛は見たことがなかったので意表を突かれた」と佐藤。「2図で△3三金なら▲7五歩からヒネリ飛車に。△8四飛なら▲7七桂で▲8五歩を見る予定」と斎藤。

 

佐藤は△8八角成▲同銀△2二銀と変化した。▲7五歩に△8二飛と引き、3四の歩を取らせて△4五角が最強の反撃。これで激しいことになった。

 

「▲3四飛には△3三銀▲3六飛△2八角▲1七香△1九角成▲7七桂が予定。△4五角は▲8三歩があるので打ちにくいと思っていた」と斎藤。

 

 09189102020_p060_03

 

大長考

 

さらに、「3図の△3三桂が研究になかった手で後悔した」と斎藤。ここまで研究しているだけでもすごいと思うが、まだ足りなかったというのだ。

 

3図で6回、さらに▲2五歩と打つ手に4回の消費時間を使って、斎藤はいきなり秒読みになってしまった。NHK杯では異例の大長考といえる。

 

3図では、①▲6六角△5四角▲7四歩△同歩▲9五歩△6四歩▲7七桂。②▲4五飛△同桂▲4六歩△7六飛。この2つの手段を読んだ斎藤だが、どちらも自信が持てなかったという。

 

実戦は第3のコース。今度は佐藤の強手が出た。

 

 09189102020_p060_04

 

※投了までの棋譜と観戦記はテキストに掲載しています。

※肩書はテキスト掲載当時のものです。

 

■『NHK将棋講座』2021年1月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • bnr-texttop2021-300×56

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2021_300×56px

000000402932021_01_136

NHK趣味の園芸 12か月栽培ナビ (16)トマト

2021年02月19日発売

定価 1320円 (本体1200円)

000000402942021_01_136

NHK趣味の園芸 12か月栽培ナビNEO 多肉植物 サボテン

2021年02月19日発売

定価 1650円 (本体1500円)

000000312172021_01_136

斉藤謠子のいま作りたいシンプルな服とかわいい小物

2021年01月25日発売

定価 1760円 (本体1600円)