趣味

窓がなくても大丈夫! サニタリーでグリーンを育てる


2021.01.17

発泡煉石に植えたコルジリネ‘パープル・コンパクタ’。白い化粧石や赤茶色の溶岩石、ハイゴケなどをあしらうと器の中に景色が生まれる。水草用のLEDスタンドライトを使用。撮影:成清徹也

サニタリー(トイレや洗面所)を小さな緑の空間に仕立ててみませんか? 色や形がきれいな常緑の葉を室内で楽しむミニ・グリーンの飾り方、育て方を熱帯植物栽培家の三浦基彰(みうら・もとあき)さんが紹介します。

 

*  *  *

 

植物育成用LEDライトを使えば、日光が入らない場所でもグリーンを楽しむことができます。トイレや洗面所のように狭い空間でも、スペースに合わせて植物とライトを選べば、グリーンを育てることができるのです。フェイクではない生きたグリーンのフレッシュな存在感とライトアップ効果で、ほっとひと息つける和みの空間をつくりましょう。

 

卓上のミニ・グリーンには水草用のライトがおすすめ

 

日中2〜3時間日光が入る場所なら、補足的に読書灯の光を当てるだけでも育ちます。日照時間がそれより短いか、日光が入らない場所では、植物育成用のライトが必要です。家庭の卓上でミニ・グリーンを楽しむなら、アクアショップなどで購入できる水草用のスタンドライトが入手しやすく価格も手ごろです。

 

LED球の光は蛍光球のようにあまり横に広がらないため、照らしたい植物や範囲に合ったライトを選びます。植物との適正な距離は商品ごとに異なりますので、確認して購入しましょう。

 

■『NHK趣味の園芸』2021年1月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • bnr-texttop2021-300×56

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2021_300×56px

000000402932021_01_136

NHK趣味の園芸 12か月栽培ナビ (16)トマト

2021年02月19日発売

定価 1320円 (本体1200円)

000000402942021_01_136

NHK趣味の園芸 12か月栽培ナビNEO 多肉植物 サボテン

2021年02月19日発売

定価 1650円 (本体1500円)

000000312172021_01_136

斉藤謠子のいま作りたいシンプルな服とかわいい小物

2021年01月25日発売

定価 1760円 (本体1600円)