趣味

ふんわり丸くて柔らかい! 春どりキャベツの魅力


2020.12.09

撮影:栗林成城

冬を越して、春に収穫するキャベツは、ふんわりと丸い形で、葉が柔らかいのが特徴。栽培期間は長いですが、手間はそれほどかかりません。恵泉女学園大学人間社会学部教授の藤田 智(ふじた・さとし)さんに、春どりキャベツの魅力についてうかがいました。

 

*  *  *

 

春に収穫するキャベツは葉が柔らかいのが魅力

 

キャベツは年間を通して栽培できる野菜です。家庭菜園では、夏から初秋に植えつけて秋から冬に収穫する「秋冬どり」が主流ですが、ほかに春に植えつけて初夏に収穫する「初夏どり」、そして今回の「春どり」もできます。

 

「秋冬どり」が主流になっているのは、定植後の涼しい気候がキャベツの生育に適していて育てやすく、失敗が少ないことが大きな理由です。「初夏どり」は、害虫が多く発生する春から夏にかけて栽培するので、難易度が少し高くなります。今回の「春どり」は、冬越しさせるため栽培期間は長くなりますが、害虫の被害が少なくてすむのが大きなメリットです。

 

「秋冬どり」は、葉が密に詰まっていて堅めなのに対し、「春どり」は、葉の巻きがふんわりとしていて柔らかく、甘くてみずみずしいのが魅力です。「春どり」ならではの柔らかい葉のキャベツを、ぜひ育ててみてください。

 

■『NHK趣味の園芸 やさいの時間』2020年12月・2021年1月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • bnr-eigo2019

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2019

000000162782020_01_136

あの人と短歌

2020年12月10日発売

定価 1760円 (本体1600円)

000064072662020_01_136

別冊NHK俳句 保存版 名句鑑賞アルバム

2020年12月19日発売

定価 1650円 (本体1500円)

000000818482020_01_136

頭を使う新習慣! ナゾときタイム

2020年12月18日発売

定価 1100円 (本体1000円)