趣味

定番なのには理由がある! カキの魅力


2020.11.19

品種は全部で1000以上!? お好きな味を選べます! 撮影:藤田浩司

全国各地で見かける庭木の定番・カキですが、じつは鉢植えで育てると、メリットがたくさん! 完熟果を収穫してすぐに食べられる甘ガキに加え、こだわりの方法で渋が抜ける渋ガキと、種類も多彩。そんなカキの魅力を、千葉大学 環境健康フィールド科学センターの三輪 正幸(みわ・まさゆき)さんにうかがいました。

 

*  *  *

 

暑さ寒さに強く育てやすい

 

カキは、冬はマイナス13℃程度まで耐え、夏は水さえ不足しなければ暑さで枯れることはありません。病害虫にも比較的強く、ポイントさえ押さえれば無農薬・減農薬でも栽培可能です。このように育てやすく一部の地域を除き全国で栽培が可能なので、古くから庭木や果樹の定番として親しまれている植物です。

 

鉢植えがおすすめ

 

庭に植えて放任すると20m以上の大木になることもあるカキ。作業性を考慮すると、剪定などを毎年行って、低く仕立てる必要がありますが、こうした作業は、初心者には難しくて、面倒に感じるようです。

 

そこでおすすめなのが、鉢植えです。カキは鉢に植えると、根とともに枝葉の生育も抑えられて木がコンパクトになるほか、果実に栄養が集中しやすいので実つきがよくなります。ベランダなどでも栽培可能なので、ぜひとも鉢植えで育ててみましょう。

 

※テキストでは新旧のおすすめ品種、お手入れのポイントを詳しく紹介しています。

 

■『NHK趣味の園芸』2020年11月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • bnr-texttop2021-300×56

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2021_300×56px

000000818522021_01_136

頭をつかう新習慣!ナゾときタイム2

2021年03月25日発売

定価 1100円 (本体1000円)

000069235942021_01_136

NHKドラマ・ガイド 連続テレビ小説 おちょやん Part2

2021年02月27日発売

定価 1210円 (本体1100円)

000000162802021_01_136

アルカリ色のくも 宮沢賢治の青春短歌を読む

2021年02月20日発売

定価 1760円 (本体1600円)