趣味

コロナ禍・不安が続く毎日だから 「未来の楽しみ」を園芸で見いだそう


2020.11.07

園芸は、楽しいだけではなく、心にも体にもよい影響を与えてくれるものです。千葉大学大学院で園芸の可能性を研究する岩崎 寛(いわさき・ゆたか)先生が、園芸療法の視点からやさしく教えてくれます。

 

*  *  *

 

継続するメリットがたくさん

 

長引く新型コロナウイルス禍の中、私たちはいつ終わるのかわからない不安と闘っているといえます。ストレスが少しずつ蓄積していくような最近の環境下では、もやもやが一気に晴れ渡るような出来事も期待できません。効果的な対抗手段は、先々の予定を立てたりして、未来に楽しさを見いだすようにすることだとされています。

 

そもそも園芸療法で得られる効果の一つは、果実などの収穫や植物の成長という「未来の楽しみ」を得ることです。まさに今を乗り切るために最も効果的な対抗手段だといえます。コロナ禍をきっかけに園芸を始めた多くの人たちは、本能的に正しい選択をしたのかもしれません。

 

東京都練馬区で実施されている「農の学校」という取り組みがあります。これは農業に関する知識を体験的に学習してもらい、今後の就農や農業ボランティアのために役立てようというもので、ふだんは違う仕事などをしている市民を対象に開講されています。私たちは2019年春の初級コースに参加された方に協力して頂き、継続的なプログラム内で、園芸(この場合は8回の農業技術講習会)を行うことによる心理変化などを測定しました。

 

行った測定は3種類。初回のみ参加者自身の不安に対する傾向(不安を抱え込みやすい高不安タイプか、不安に強い低不安タイプか)を調べる「STAI/Y2」を実施し、各講座の前後に、その時の気分や感情を測定する検査「POMS」を、ポジティブな感覚とネガティブな感覚を直感的に自己評価する「VAS」測定を行いました。

 

園芸作業を行う前後で、しかも複数回にわたって心理的な計測を行える機会は珍しく、当日の講座内容や天候データも勘案しながら、さまざまな心理的な効果を読み取ることができました。

 

講座の前後で爽快感や楽しい気分の向上が毎回確認され、無意識下での活気も大きな向上が認められました。作業内容は各回で違うのですが、例えば第3回の講座では除草などの大変な作業があったにもかかわらず、同時に収穫作業もあったことから疲労感の上昇は少なく、爽快感などの向上が顕著でした。

 

毎回、作業をするたびに気分や感情がよい影響を受けるということは、園芸が継続して楽しむ価値のある趣味であるということなのです。知的好奇心が満たされていくという変化も、未来への期待と同等の価値のあるものなのかもしれません。

 

特性不安傾向とVAS測定の結果を左に掲示しました。ポジティブな感覚は、高不安、低不安、いずれのタイプでも園芸作業後に上昇することがわかりました。さらに高不安の人にとっては「不安感」や「精神的ストレス」などのネガティブな感覚も大きく改善することがわかりました。

 

※続きはテキストでお楽しみください。

 

■『NHK趣味の園芸』連載「心と体にやさしい園芸療法」2020年11月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • bnr-texttop2021-300×56

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2021_300×56px

000000361432021_01_136

NHKシャキーン! シャキーン!の木のきのまたゆ

2021年04月28日発売

定価 1650円 (本体1500円)

000000818522021_01_136

頭をつかう新習慣!ナゾときタイム2

2021年03月25日発売

定価 1100円 (本体1000円)

000069235942021_01_136

NHKドラマ・ガイド 連続テレビ小説 おちょやん Part2

2021年02月27日発売

定価 1210円 (本体1100円)