趣味

食べるの大好き! 阿久津主税八段のグルメ事情


2020.10.18

撮影:小松士郎

2020年4月に開講した「楽しく勝とう B級グルメ戦法」の講師を務める阿久津主税(あくつ・ちから)八段。テキストでは、コラム「主税の目ヂカラ・リターンズ」を連載中です。

 

*  *  *

 

春に北海道旅行の予定があったのですが、もちろん中止になりました。旅先でおいしいご飯が食べられるのを楽しみにしていたので残念です。スープカレー、ラーメン、ジンギスカン、海鮮など食材の宝庫ならではの豊富な品数にいつも圧倒されます。初めてジンギスカンを食べたときは「あのかわいいいイメージしかない羊を食べちゃうの」と不思議な気持ちになったのですが、今では好物のひとつです。自(おの)ずとビールが進みます。

 

先日、北海道から海の幸を通販で取り寄せました。旅行気分を味わうのと、少しでも好きな場所に還元できればと思ったからです。やはり北の大地の海鮮は最高でした。好きな県は他にもあるので、今度は違う土地の名産品を注文します。

 

トークショーなどで好きな食べ物を聞かれることが意外と多くて。私は好き嫌いがなく、肉も魚も野菜もどれもよく食べます。うまく育ててくれた両親に感謝しないといけませんね。

 

対局の前夜には焼き肉やステーキを食べることが多いです。腹が減っては戦ができぬではないですが、スタミナをつけたくなるんですよね。もちろん野菜も取ってバランスのよさも意識します。そのあたりは妻があれこれ考えてくれており、いい状態で対局に送り出してくれます。

 

普段は魚のほうが多いかもしれません。なぜなら日本酒が好きだからです。辛口の日本酒と魚は最強のコラボと言っていいでしょう。そういえば魚で思い出すことがあります。子どものころ家の近くのトンネル入り口で実演販売していた焼いたイワシを母にねだったことです。子どもは魚よりも肉のほうが人気があると思いますが、なぜか私は魚派だったんですよね。このころすでに日本酒を好きになる下地があったのでしょうか(笑)。

 

餃子(ギョーザ )や焼きそば、もつ煮込みといったB級グルメとして紹介されるメニューもよく食べます。最近はB級といっても高級グルメに匹敵するぐらいおいしいご飯が増えましたよね。私が解説してきたB級グルメ戦法も、部分的な手筋などはプロでも通用するものがあり、なかなかのお味に仕上がったと思っています。

 

■『NHK将棋講座』連載「主税の目ヂカラ・リターンズ」2020年8月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • bnr-texttop2021-300×56

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2021_300×56px

000000162822021_01_136

NHK俳句 夏井いつきの俳句道場

2021年06月18日発売

定価 1540円 (本体1400円)

000061992982021_01_136

NHKすてきにハンドメイドセレクション さらりと着やすい すてきな大人服

2021年05月19日発売

定価 1540円 (本体1400円)

000000162812021_01_136

サラリーマン川柳 いっしん傑作選

2020年05月31日発売

定価 1100円 (本体1000円)