趣味

推し棋士を作ろう! 佐藤天彦九段編


2020.07.31

撮影:河井邦彦

プロの将棋を勉強したり、自分で指して上達を目指したい人。棋士のキャラクターや、さまざまな周辺情報から将棋界を楽しむ人。この数年で将棋界をめぐる環境は変わり、ファンも多様化してきました。その人の将棋が好き、人柄が好き。全部含めて応援したい棋士、すなわち「推し棋士」を作ろうというのが今回の企画です。木村一基王位がナビゲーターとなり、長屋に住む八五郎さんと熊五郎さんの推し棋士作りをサポートします。3回目の推し棋士候補は第70 回のシード組と、厳しい予選を勝ち抜いた棋士などです。

 

*  *  *

 

深く掘るのはそれぞれの楽しみ!

 

 これはうまくやられたかなぁ。たいしたもんだよ。こう逃げたらどうだい?

 

 むむっ。それは考えなかった。やっぱり簡単じゃねえな。

 

 いいよいいよ、じっくり考えてくれ。おっ、そろそろ来るかと思ってたら来たね。パチリ、パチリと……。

 

 駒音響くところに暇人が集まる……って、誰が暇人だってんだい!

 

 ノリツッコミとは機嫌がよさそうですね、木村の旦那。

 

 やってるねぇ。で、局面は…ふむ、これは絶好の一手がありそうな。

 

 旦那、それは岡目八目ってんだ。もう少し考えたいから、そっとしてくれ。

 

 プロ棋士に対して岡目八目たぁ、ハチは向こう見ずなこと言いやがる。

 

 ははは、構わないよ。ハチ公は毎週NHK杯戦を観て目が肥えてるからな。いい手を知ってるはずだ。

 

 じゃ、ヤツが考えている間に例の推し棋士探しを始めやしょうか。

 

見本になる棋士 佐藤天彦九段

 

 最初は名人3期の実績がある佐藤天彦九段だな。旦那は昔からつながりがあるとか聞いたような。

 

 天彦さんが奨励会時代に福岡から出てきたとき、縁があって1対1の練習将棋をやることになったんだ。

 

 後輩と将棋を指すのが面倒になったりすることはないのかな?

 

 自分も先輩に教わって強くなったんだ。彼は当時からしっかりしていたから、こっちが勉強になることも多々あったよ。

 

 天彦さんといえば終局前にリップクリームを塗ることで話題になったよな?

 

 なんだいお前は。もう将棋を指すのは飽きたってかい?

 

 だってそっちが楽しそうなんだもん。両方やったっていいだろ。

木 もちろんだよ。話を戻すと、天彦さんは姿がいいんだ。負けるときは悔しいに決まってるけど、感情を表に出さずに「負けました」ときちんと言う。棋士にとっても見本だと思う。

 

※ほかの推し棋士候補はぜひテキストで! 「カズキ王位からの挑戦状」も掲載しています。

※肩書はテキスト掲載当時のものです。

 

■『NHK 将棋講座』2020年6月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • bnr-eigo2019

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2019

000000162782020_01_136

あの人と短歌

2020年12月10日発売

定価 1760円 (本体1600円)

000064072662020_01_136

別冊NHK俳句 保存版 名句鑑賞アルバム

2020年12月19日発売

定価 1650円 (本体1500円)

000000818482020_01_136

頭を使う新習慣! ナゾときタイム

2020年12月18日発売

定価 1100円 (本体1000円)