趣味

押尾コータローとグレーベンの出会い


2013.05.10

撮影:深田修哉

オープンチューニングやタッピング奏法を駆使した独自のギターアレンジや、パーカッシブで迫力ある演奏が、世代を超えた多くのファンの支持を集めているアコースティックギタリストの押尾コータローさん。押尾さんが初めて買ったギターは師匠に譲られた中古品だったという。

 

*  *  *

 

僕が手にした最初のギターは、中学のときに母から譲り受けたモーリスのギターです。そして初めて買ったのは、僕の師匠である中川イサトさんから薦められた、中古のグレーベン(Jタイプ)でした。

 

高3のとき、イサトさんが「ええ中古ギターが入ったから買わへんか?」と声をかけてくれて5万円くらいで買えるのかなと思い込んで「中古だったら買いますよ! イサトさんがライブで使ってるギターですよね?」と買う気まんまんで、神戸のヒロコーポレーションという楽器店に連れて行ってもらったんです。イサトさんに、「どや、いい音するやろ」って聞かれて、緊張していていい音がするかどうかもわからないまま「いくらですか?」って聞いたら、なんと25万円でした(笑)。でも、どうしても欲しかったので、母親に頼み込んでお金を借りて手に入れたのがグレーベンです。

 

30歳までそのギター1本でやってきて、さすがにボロボロになってきたので、12年ぶりにヒロコーポレーションに行き「高校生のときに買ったグレーベンなんですが、ずいぶん状態が悪くなってきたんで修理していただけませんか?」って相談しました。修理代も高くなるし、直してもよくはならないかもと言われたんですが、これまでずっとつきあってきたギターで愛着もあるので修理をお願いし、そのときに2台目のギターとして、今もメインで使っているグレーベンのDタイプを購入しました。

 

■『NHK趣味Do楽 押尾コータローのギターを弾きまくロー!』より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • bnr-texttop2021-300×56

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2021_300×56px

000061993042021_01_136

NHKすてきにハンドメイドセレクション かぎ針編みのおざぶとかご

000069233882021_01_136

NHK大河ドラマ・ガイド 青天を衝け 完結編

2021年10月29日

定価 1210円 (本体1100円)

000069235972021_01_136

NHKドラマ・ガイド 連続テレビ小説 カムカムエヴリバディ Part1

2021年10月25日発売

定価 1320円 (本体1200円)