趣味

キャベツが結球しない、ネギの白い部分が長くならない……秋冬野菜のお悩み


2019.12.11

植えつけが遅かったため、12月になっても結球しなかった紫キャベツ(手前)。適期を守ることも大切。撮影:福田 稔

野菜作りをしていると、どうすればよいのかわからなくなったり、虫や病気に悩まされたり。ウェブサイト「みんなの趣味の園芸」では、野菜作りのお悩みに関するアンケートを実施。3人のプロに答えてもらいました。こちらでは、「秋冬編」から抜粋してお届けします。

 

*  *  *

 

キャベツがうまく結球しませんでした。

 

結球させるには、生育の前半で、いかに外葉を成長させるかが勝負です。高温、肥料不足、水不足、日照不足で外葉が発育不良になったり、虫に外葉を食べられたりすると、うまく結球しなかったり、球が小さくなったりします。適期にタネをまき、植えつけと同時に防虫ネットをかけ、日当たりのよい場所で、追肥と水やりをしっかり行いましょう(園芸家・深町貴子さん)。

 

スーパーで売っているネギのように白い部分が長くなりません。

 

土寄せの量が足りなかったのではないでしょうか。白くさせる部分(葉鞘〈ようしょう〉部)は、土寄せをして光を遮る(軟白〈なんぱく〉する)ことで白くなるので、生育中は、月に1回のペースで収穫までに3~4回、葉の分かれ目のすぐ下まで(最終土寄せは葉の分かれ目が隠れるくらい)土寄せを行います。あるいは、植えつけ時の溝が浅すぎることも考えられるので、溝の深さは20~30cmを確保します(恵泉女学園大学人間社会学部教授・藤田 智さん)。

 

■『NHK趣味の園芸やさいの時間』2019年12月・2020年1月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • bnr-texttop2021-300×56

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2021_300×56px

000000818582021_01_136

頭をつかう新習慣!ナゾときタイム3

2021年06月25日発売

定価 1100円 (本体1000円)

000069233892021_01_136

NHK大河ドラマ・ガイド 鎌倉殿の13人(前編)

2021年12月25日発売

定価 1210円 (本体1100円)

000061993072021_01_136

NHK趣味どきっ!MOOK はじめてのスマホ すぐできる!かんたんスマホ操作ブック

2021年12月15日発売

定価 990円 (本体900円)