趣味

真夏のハーブはどうお手入れする?


2015.08.15

庭植えのバジル‘マジカル・ミカエル’。庭植えの株は寒冷紗(遮光率30〜50%)で遮光するとよい。

猛暑日が続く真夏は植物にとっても試練の時期です。ハーブはどんなことに気をつけて手入れをすればよいのでしょうか。園芸研究家の石田源次郎さんがアドバイスします。

 

*  *  *

 

近年の真夏は、耐えがたいほどの暑さが続きます。熱帯産のバジルやレモングラスは旺盛に生育しますが、多くのハーブは生育が緩慢になります。8月下旬には夜温がわずかに下がり、秋の気配を感じるようになるものの、生育が緩慢になったハーブが再び生育を始めるのは9月になってからです。

 

置き場

 

暑さによる株の消耗を避けるため、風通しのよい場所で管理します。特にナスタチウム、ラベンダーなどは、できるだけ涼しい置き場を選びます。西日に当てると、用土が必要以上に乾燥するだけでなく、鉢や用土が熱せられて根が傷みます。西日を避けて管理しましょう。

 

水やり

 

午前中早めの時間と夕方の1日2回行い、水をたっぷりと与えます。水分供給のほか、鉢内にこもった熱気の除去、鉢周辺の温度低下などの効果があります。日中に水切れを起こしてしおれた鉢植えは、すぐに日陰に移動させ、熱せられた鉢や用土が冷えるまで、水を与え続けます。

 

肥料

 

バジルやレモングラスなど、旺盛に生育する種類にのみ、肥料を施します。

 

■『NHK趣味の園芸』2015年8月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • bnr-texttop2021-300×56

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2021_300×56px

000000402932021_01_136

NHK趣味の園芸 12か月栽培ナビ (16)トマト

2021年02月19日発売

定価 1320円 (本体1200円)

000000402942021_01_136

NHK趣味の園芸 12か月栽培ナビNEO 多肉植物 サボテン

2021年02月19日発売

1500

000000312172021_01_136

斉藤謠子のいま作りたいシンプルな服とかわいい小物

2021年01月25日発売

定価 1760円 (本体1600円)