趣味

森内俊之九段、「いろいろあった」今期大会を制し13年ぶりのNHK杯優勝


2015.05.07

左/行方尚史八段 右/森内俊之九段 写真:河井邦彦

シード棋士が2回戦で次々に敗れ、ベスト8に20代棋士が3名残るなど波乱の展開となった第64回NHK杯テレビ将棋トーナメント。その締めくくりとなる決勝戦が、3月22日(日)に放送された。

 

決勝のカードは、A級順位戦最終局でも相まみえた森内俊之(もりうち・としゆき)九段と行方尚史(なめかた・ひさし)八段。準決勝の森内―深浦康市九段戦の最終盤で見せた、森内のギリギリのしのぎ。また、行方―橋本崇載八段戦の衝撃の決着は記憶に新しいところだが、決勝という大舞台にふさわしい重量級の組み合わせとなった。高野悟志記者が、『NHK将棋講座』2015年5月号に観戦記を寄せている。

 

*  *  *

 

初優勝を目指して

 

「今期はいろいろあったね」と関係者は皆、口にした。250手を超える持将棋の死闘、準決勝という大舞台で反則の決着。例年以上に話題の多かったNHK杯も、いよいよ決勝を迎えた。15年ぶりの持将棋、9年ぶりの反則、ともに行方の対局で起こった出来事である。何だかドラマを感じる勝ち上がりだ。

 

決勝進出は初。18回目の出場で初優勝を目指す。

 

振り駒の結果、行方先手で対局開始。戦型は角換わり腰掛け銀になった。

 

厳しい一年

 

森内にとって、今期は厳しい一年だった。名人と竜王を立て続けに失い、勝率も5割を切っている。そんななか、NHK杯では持ち前の粘り強い将棋が目立った。羽生善治名人との3回戦は力強い玉さばきから快勝。準決勝の深浦康市九段戦は終盤、ぎりぎりの受けで相手の攻撃をしのいでいる。

 

すごい速さで指し手は進む。森内は実戦経験のある局面を目指していた。そして、行方もその将棋になる可能性は大いに感じていた。

 

※振り駒で行方先手となった対局は、互いに得意とする正調角換わり腰掛け銀のねじり合いに進行。詳しい内容はテキスト68ページからの観戦記でお伝えしています。

 

■『NHK将棋講座』2015年5月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • bnr-texttop2021-300×56

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2021_300×56px

000000361432021_01_136

NHKシャキーン! シャキーン!の木のきのまたゆ

2021年04月28日発売

定価 1650円 (本体1500円)

000000818522021_01_136

頭をつかう新習慣!ナゾときタイム2

2021年03月25日発売

定価 1100円 (本体1000円)

000069235942021_01_136

NHKドラマ・ガイド 連続テレビ小説 おちょやん Part2

2021年02月27日発売

定価 1210円 (本体1100円)