趣味

武者小路千家の歴史を辿る——利休から小庵、小庵から宗旦へ


2015.03.29

長谷川等伯筆 利休像

NHK『趣味Do楽 茶の湯 武者小路千家 春の茶事を楽しむ』では、武者小路千家 第14代家元 千宗守(せん・そうしゅ)さんを講師に迎え、「炉を用いての茶」の作法を教えていただきます。茶の湯の世界へのはじめの一歩に、武者小路千家がどのように生まれ、その歴史を紡いできたのか、学んでみましょう。

 

*  *  *

 

利休(りきゅう)から少庵(しょうあん)、少庵から宗旦(そうたん)へ

 

侘(わ)び茶は、村田珠光(むらた・しゅこう)が始め、その弟子の武野紹鷗(たけの・じょうおう)により高められ、千利休によって大成されました。利休は織田信長、豊臣秀吉の茶頭(さどう/茶の湯をつかさどる役)として仕え、武将、公卿、僧侶、商人たちと交わり、侘び茶を広めました。そして天正19年(1591)、秀吉の勘気に触れ、自刃して果てました。

 

利休の遺児、少庵は会津若松の蒲生氏郷(がもう・うじさと)のもとに預かりの身となり、流寓(りゅうぐう)を余儀なくされます。それから数年後、徳川家康らのとりなしで少庵は赦免され、千家を再興します。不遇な時を経ながらも、少庵は利休の茶の湯を継承し、その侘び茶の精神は途切れることなく、息子の宗旦へと受け継がれたのです。

 

少庵が赦(ゆる)された文禄3年(1594)、17歳のころに宗旦は還俗(げんぞく)して千家に帰りました。そして慶長5年(1600)ごろ、少庵の隠居に伴い、宗旦は家督を相続します。

 

寛永10年(1633)、宗旦は「一畳半床なし」の茶室を建てます。そこで、江月宗玩(こうげつ・そうがん)や清巌宗渭(せいがん・そうい)らの大徳寺衆や関白近衛信尋(このえ・のぶひろ)を招き、この茶室を舞台に自身の茶の湯を積極的に展開していったのです。宗旦は祖父利休の悲劇的な最後を慮(おもんぱか)り、大名家からの仕官の要請を拒み続け、生涯茶の湯をたずきとせず清貧に甘んじました。故に、「乞食(こじき)宗旦」とのちに讃(たた)えられました。

 

正保3年(1646)、宗旦は69歳で三男江岑(こうしん)に家督を譲って隠居しました。さらに2畳敷きの隠居所(のちの今日庵〈こんにちあん〉)で茶三昧の生活を送り、承応2年(1653)にはまた隠居し、今日庵を四男仙叟(せんそう)に譲っています。そして万治元年(1658)12月19日、81歳の天寿を全うしました。

 

■『NHK趣味Do楽 茶の湯 武者小路千家 春の茶事を楽しむ』より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • bnr-texttop2021-300×56

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2021_300×56px

000000402932021_01_136

NHK趣味の園芸 12か月栽培ナビ (16)トマト

2021年02月19日発売

定価 1320円 (本体1200円)

000000402942021_01_136

NHK趣味の園芸 12か月栽培ナビNEO 多肉植物 サボテン

2021年02月19日発売

定価 1650円 (本体1500円)

000000312172021_01_136

斉藤謠子のいま作りたいシンプルな服とかわいい小物

2021年01月25日発売

定価 1760円 (本体1600円)