趣味

自家採種のメリットとデメリット


2015.02.09

緑色のピーマンは未熟な状態。タネを採種する場合は赤く熟すまで収穫しない。熟した果実ではタネも充実して黄色みを帯びる。この状態のタネを採種する。

野菜のタネは購入するものだと思っていませんか? 果菜(かさい)類だけでなく、もちろん葉菜(ようさい)類や根菜(こんさい)類だって花を咲かせ、タネを実らせます。ですから、その気になれば、自家採種して、次の栽培に使うことができます。千葉大学園芸学研究科助教で蔬菜園芸学研究室博士の淨閑正史(じょうかん・まさふみ)さんに、自家採種のメリットとデメリットについてうかがいました。

 

*  *  *

 

自家採種するメリットは?

 

自分でタネをとると、以下のような利点があります。

 

【1タネ代の節約になる タネを買う必要がなくなるので、当然、タネ代が浮きます。

【2タネの出自が明白 市販のタネは、どこで、誰によって、どのようにして採種されたのかがわかりません。例えば農薬に関しては、どんなものを、いつ、どれくらい使用したのかなどを知るすべがありません。一方、自分で採種した野菜のタネなら、すべてが把握できます。

【3オリジナル品種が作れる 自分が育てたもののなかからおいしい株とか、病気に強い株など気に入った株を選び、何代かにわたって交配すると、自分だけのオリジナル品種を作ることが可能です。

 

自家採種のデメリットは?

 

もちろん自家採種にはデメリットもあります。

 

【1畑の占有期間が長い 果菜類は別として、葉菜類や根菜類は、普通は花が咲く前に収穫を終えるので、畑を短い期間しか占有しません。しかし、例えば秋まきの野菜のタネをとろうとすると、春に花が咲き、そのあとに結実して果実が熟すのは初夏になるので、一部とはいえ10か月近くも畑を占拠します。その間はほかの野菜が作れません。限られた面積の家庭菜園では、とても非効率と言えます。

 

【2手間がかかる 品種を維持するために交配し、タネを採種して、保存するのには、結構な時間と手間がかかります。

 

■『NHK趣味の園芸 やさいの時間』2015年1月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • bnr-texttop2021-300×56

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2021_300×56px

000069235962021_01_136

NHKドラマ・ガイド 連続テレビ小説 おかえりモネ Part2

2021年08月10日発売

定価 1210円 (本体1100円)

000000057182021_01_136

青天を衝け(三)

2021年08月10日発売

定価 1540円 (本体1400円)

000064072752021_01_136

別冊NHK俳句 脳活!まいにち俳句パズル 秋冬編

2021年08月20日 発売

定価 880円 (本体800円)