健康

靴底の偏ったすり減りは、膝関節の黄信号


2021.04.07

イラスト:加納徳博

靴底が片側だけすり減っていませんか? 靴底の偏ったすり減りは、膝関節が変形しているからかもしれません。整形外科(足の外科)・スポーツ医学がご専門の医学博士・橋本健史(はしもと・たけし)さんは、「ひざの慢性的な痛みは、太ももの筋肉を強くすることで、遠ざけることができます」とアドバイスします。

 

*  *  *

 

靴底の外側だけがすり減るのは、足が内側に傾いたまま着地して、バランスをとるために外側で踏み返しているから。そういう人は、足関節はもちろん、膝関節(しつかんせつ)が変形している可能性が大です。実際ひざの痛みの主な原因である変形性膝関節症の人は、靴底が外側(変形のしかたによっては内側)だけすり減っていることが多いものです。

 

本来、前後に屈伸するだけの膝関節が、左右に回旋したり傾いたりすると、骨と骨の間にある半月板(はんげつばん/軟骨)の一部に負荷が集中し、損傷しやすくなります。そのため、膝関節が変形し、痛みが出てくるのが変形性膝関節症です。年齢を重ねると、半月板の弾力性が乏しくなり、さらに損傷しやすくなります。

 

膝関節を守るためのポイントは、一つは軟骨に栄養を行き渡らせるように、関節をゆっくり動かすこと。もう一つは、太ももの筋肉(大腿四頭筋やハムストリングス)を鍛えることです。しっかりした筋肉は、ひざの動きを支え、ひざにかかる体重などの負担を軽減してくれます。

 

68273032021_p020_01

イラスト:きくちりえ(Softdesign)

 

※ひざの関節に負担をかけることなく、ひざの筋肉を鍛えられる「簡単トレ」はテキストで紹介しています。

 

■『NHKまる得マガジン 未来の痛みにさようなら 37歳越えたら関節の寿命を延ばす簡単トレ』より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • bnr-texttop2021-300×56

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2021_300×56px

000067941902021_01_136

別冊NHKきょうの健康 家族のための認知症ケア

2021年02月18日発売

定価 1210円 (本体1100円)

000000113682020_01_136

NHK出版 不調を食生活で見直すための からだ大全

2020年11月19日発売

定価 3080円 (本体2800円)

000067941892020_01_136

別冊NHKきょうの健康 シニアの頻尿・尿もれ・便失禁

2020年07月30日発売

定価 1210円 (本体1100円)