教養

釈迦の後継ぎ・弥勒菩薩に会いに行こう


2021.11.22

本尊の弥勒菩薩坐像は、三宝院の特別拝観でお参りすることができる。撮影:岡田ナツ子(Studio Mug)

世界文化遺産に登録されている醍醐寺には、木造建築や彫刻、書画など多くの文化財が伝えられています。数ある仏像の中から今回選んだのは、将来、釈迦の後継ぎとして、人々を救済するために、今も天上界で修行を積んでいる弥勒菩薩です。駒澤大学教授の村松哲文(むらまつ・てつふみ)さんと共に、未来を託せる心強い美仏(みほとけ)に会いに行きましょう。

 

*  *  *

 

弥勒菩薩は釈迦の後継者として、将来を約束されています。後を継ぐのははるか先で、残念ながら、私たちにそれを待つことはかないません。弥勒菩薩に関する代表的な経典である『弥勒下生経(みろくげしょうきょう)』には、「兜率天(とそつてん)にいる弥勒菩薩が、56億7000万年後にこの世にやってきて如来となり、釈迦が救えなかったすべての人々を救済する」と説かれています。

 

 

そのために、弥勒菩薩は現在、兜率天で修行を続けています。弥勒菩薩は釈迦が亡くなる12年前に、天界の兜率天に昇りました。兜率天は仏教の世界の中心、須弥山(しゅみせん)のはるか上にある神々の住む世界(浄土)で、如来の候補者が必ず集まる場所。一説に、釈迦の母である摩耶夫人(まやぶにん)も住んでいるとされます。

 

なぜ、たくさんの菩薩がいる中で、弥勒菩薩が次期後継者に選ばれたのかといえば、釈迦が弥勒菩薩の能力を高く評価したためでしょう。『弥勒上生経(みろくじょうしょうきょう)』には、弥勒菩薩が祇園精舎(ぎおんしょうじゃ/釈迦の説法が行われたインドの僧院)で釈迦の説法を聞いていたとき、たちまち釈迦の教えを理解してしまった弥勒菩薩を見て、「この菩薩なら、必ず私と同じ悟りを得ることができるだろう」と感動し、将来を約束したということです。

 

56億7000万年後に、現世にやって来る弥勒菩薩(弥勒如来)は、龍華樹(りゅうげじゅ)という木の下で悟りを開きます。その後3回の説法会「三会(さんねの)説法」を行い、このときに釈迦が救えなかった人々を救うといわれ、、これを「龍華三会(りゅうげさんね)」といいます。3回に分けて行われた説法では、合計で282億人が救われると説かれています。この膨大な数字は、弥勒菩薩が弥勒如来となって、すべての人々を救うことを意味しています。

 

飢饉(ききん)や災害が続き、世の中が不穏な平安時代末期には、人々はこぞって仏教に救いを求めました。弥勒菩薩の救済力に頼るにしても、ただ黙って待っているだけではなく、自分たちも努力しなくてはならないと考えたのかもしれません。写経をし、そのお経を地面に納める「埋経(まいきょう)」の習慣が生まれたのです。

 

お経を金属製の筒に入れて埋めたり、経文を書いた瓦を埋めたり、あるいは石にお経の一文字を書いたりと、当時の人々はさまざまな方法で功徳(くどく)を積みました。お経を埋めたところは「経塚(きょうづか)」といい、今も各地に残っています。

 

というわけで、釈迦から如来になるためのお墨付きをもらった弥勒菩薩は、そのときが来る今も修行を続けています。その様子を表現したのが、静かに瞑想を続ける弥勒菩薩の姿です。

 

■『NHK趣味どきっ!アイドルと旅する仏像の世界』より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • bnr-texttop2021-300×56

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2021_300×56px

000069110522021_01_136

別冊NHKこころの時代 宗教・人生 すべてには時がある

2021年10月13日発売

定価 990円 (本体900円)

000064072762021_01_136

NHK学びのきほん キリスト教の核心をよむ

2021年09月27日発売

定価 737円 (本体670円)

000064072702021_01_136

NHK「香川照之の昆虫すごいぜ!」図鑑vol.3

2021年09月16日発売

定価 1210円 (本体1100円)