教養

日本仏教の13の宗派 どんな違いがあるの?


2013.04.20

ほとけさまの教えを書き記したものを経典という。とはいっても、仏教を起こしたお釈迦さまが書いたものではなく、お釈迦さまが亡くなったあと数百年をかけて、のちの弟子たちによって経典化されたのだ。経典にはいろいろな種類があり、その内容も少しずつ異なっている。そして、よりどころにする経典や解釈の違いによって、さまざまな宗派が生み出された。現在日本で信仰されている主な13の宗派について、東京藝術大学大学院教授(文化財保存学)の籔内佐斗司(やぶうち・さとし)さんが詳解する。

 

*  *  *

 

【奈良仏教系】

◎法相(ほっそう)宗

三論宗、成実(じょうじつ)宗、俱舎(ぐしゃ)宗、華厳(けごん)宗、律宗とともに平城京に栄えた6宗派(南都六宗)の中心的存在。玄奘三蔵(げんじょうさんぞう)の弟子・慈恩大師(じおんだいし)が開祖。唐に留学した道昭らが伝える。大本山は興福寺、薬師寺。「唯識論」を研究する。のちに東国に派遣された徳一(とくいつ)もこの宗派の僧。

 

◎華厳宗

736年に道璿(どうせん)が唐より伝える。「華厳経」を経典とし、毘盧遮那(びるしゃな)仏を物事の根源ととらえる。大本山は東大寺。奈良の大仏はこの教義を具現化したもの。

 

◎律宗

唐の高僧・鑑真(がんじん)によって伝えられた仏教の戒律を学ぶ宗派。「律蔵」を重んじ、「四分律」などを経典とする。総本山である唐招提寺の本尊は盧舎那仏坐像。

 

【密教系】

◎天台宗

804年に唐に渡り天台教学を学んだ最澄(さいちょう)が、806年に開いた。「法華経」を中心に仏教を体系化しようとする教義に密教、禅、戒律を加え、円仁(えんにん)、円珍(えんちん)が天台密教として確立した。総本山は比叡山延暦寺。

 

◎真言宗

804年に唐に渡って密教を学び、多くの法典、法具、技術書を持って帰国した空海が開いた。「大日経」などを経典とする。空海はそれまでの仏教を「顕教(けんぎょう)」とし、秘密仏教である「密教」と明確に区別した。現在は十八本山に分かれ、高野山真言宗総本山は金剛峯寺(こんごうぶじ)。

 

【浄土系】

◎融通念佛(ゆうずうねんぶつ)宗

1117年、天台宗の僧侶であった良忍が開く。「華厳経」「法華経」などを経典とし、念仏を口に出して唱えることに重きを置いた。総本山は大念佛寺。

 

◎浄土宗

天台宗に仏教を学んだ法然が、1175年に開く。人はただ「南無阿弥陀仏」と唱えることで救われるとする「専修(せんじゅ)念仏」を説いた。「仏説無量寿経」「仏説観無量寿経」「仏説阿弥陀経」の「浄土三部経」を経典とする。総本山は知恩院。

 

◎浄土真宗

比叡山での修行の後、法然の弟子となった親鸞が開く。法然の専修念仏を承け継ぎ、さらに深めた。室町時代には蓮如が出て教勢は飛躍的に発展し、1602(慶長7)年、徳川家康によって東西本願寺の分派が企てられた。今日では10派にわかれている。本願寺派の本山は西本願寺、大谷派の本山は東本願寺。

 

◎時宗

法然の流れをくむ一遍が開いた。阿弥陀如来にこだわらず、ひたすら念仏を唱えることで救われると説く。総本山は清浄光寺(しょうじょうこうじ)。

 

【禅系】

◎臨済(りんざい)宗

密教を学んだ栄西が、平安末期に宋に渡った後、禅を日本に伝えた。臨済宗は建仁寺派や妙心寺派、南禅寺派など14派に分かれている。

 

◎曹洞(そうとう)宗

栄西開基の建仁寺で禅を学んだ道元が、宋に渡って禅を深め1227年に帰国。「般若心経」などを経典とし、只管打坐(しかんたざ/ただひたすら坐ること)を深めた。大本山は永平寺、總持寺(そうじじ)。

 

◎黄檗(おうばく)宗

江戸時代初期、中国臨済宗の高僧・隠元(いんげん)が日本に招聘(しょうへい)されて開いた禅宗で、坐禅行のほか、念仏禅を特徴とする。1670年ごろに黄檗宗の僧・鉄眼(てつげん)は、隠元が明よりもたらした大蔵経(すべての経典を総集したもの)の黄檗版を出版した。大本山は萬福寺(まんぷくじ)。

 

【日蓮系】

◎日蓮宗

鎌倉時代、比叡山に仏教を学んだ日蓮が開祖。「法華経」をすべての教えの根源として、「南無妙法蓮華経」と唱えることで救われると説いた。身延山久遠寺(みのぶさんくおんじ)を総本山とする。

 

■『NHK趣味Do楽 籔内佐斗司流 仏像拝観手引 日本列島巡礼編』より

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • bnr-texttop2021-300×56

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2021_300×56px

000064072652020_01_136

NHK出版 学びのきほん 自分ごとの政治学

2020年12月25日発売

定価 737円 (本体670円)

000064072612020_01_136

NHK出版 学びのきほん お経で読む仏教

2020年12月25日発売

定価 737円 (本体670円)

000064072642020_01_136

別冊NHK100分de名著 読書の学校 苫野一徳 特別授業『社会契約論』

2020年11月25日発売

定価 880円 (本体800円)