料理

旬の野菜、どう食べるのがいちばんおいしいの?


2021.10.28

撮影:野口健志

素材を繊細に扱いながらも、おおらかで親しみやすいレシピが大人気の料理研究家・大庭英子(おおば・えいこ)さん。野菜や果物を通して季節の喜びを感じているという大庭さんに、野菜をもっとおいしく食べる秘けつを伺います。

 

*  *  *

 

新鮮でおいしいうちに、おいしく料理して食べきる

 

私がいちばん気をつけているのは、新鮮な野菜を見つけたら、新鮮でおいしいうちに使いきることです。買ってきたらできるだけ早く調理、または何かしらの下処理をします。野菜は放っておくと、アクが回ったり、みずみずしい水分が失われて、甘みも香りもどんどん落ちていきます。今が旬です! と、店頭で生き生きとしている野菜は、買ってきたら冷蔵庫に入れないくらいの勢いですぐ調理したい。中途半端に残さず、いちばんいい状態で使いきりたいですね。そうすると、簡単な調理でおいしくでき、色もきれいに仕上がります。逆にタイミングを逃すと、頑張ってつくってもうまくいかなかったりします。

 

野菜は1種類に集中して思いっきりシンプルに

 

1品に使う野菜は基本、1種類がおすすめ。下ごしらえがラクですよね。それぞれの野菜に合った切り方や火の通し方ができるので、甘みや香り、食感も引き出しやすい。1つの野菜をシンプルに煮たり、焼いたり。たっぷり使ってつくりおきしたり。たんぱく質を合わせてボリュームアップすればメインのおかずになります。

 

季節限定の楽しみ

 

春はふき、たけのこ、夏はなすやきゅうり、秋はれんこんやさつまいも、冬は白菜にカリフラワーなど季節ごとに大好きな野菜があります。わずかな期間だけ出合える梅やいちご、桃、栗などでつくる保存食も何十年とつくり続けています。逃すと来年までおあずけになりますから、その時季だけの味を思いっきり楽しみたいですね。

 

旬の野菜をおいしく食べきるレシピ

 

ほうれんそうのピリ辛マヨあえ《野菜1つで、すぐ一品!》

 

新鮮なうちにおいしくゆでて変わりあえ物に。 豆板醤とマヨネーズが意外にピッタリ。

06461102021_p122_01

えのきとにんじんの肉巻き《肉と合わせてボリュームおかず》

 

えのきがたっぷりの太~い豚肉巻き。にんじんと細ねぎを助っ人に見た目も楽しく!

06461102021_p122_02

 

ゆでねぎのオイル漬け《新鮮なうちにまとめづくり》

 

柔らかくゆでたねぎは独特の甘さと風味。ローリエやレモンの爽やかな香りを添えて。

06461102021_p122_03

 

※つくり方は、『NHKきょうの料理 野菜1つで、こんなにおいしい!~旬の野菜を食べきるレシピ』に掲載しています。

 

■『NHKきょうの料理』2021年10月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • bnr-texttop2021-300×56

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2021_300×56px

000000333202021_01_136

手軽な材料でつくる果物のお菓子 ムラヨシフルーツパーラー

2021年09月17日発売

定価 1540円 (本体1400円)

000061993022021_01_136

NHKきょうの料理 野菜1つで、こんなにおいしい!

2021年09月17日発売

定価 1430円 (本体1300円)

000000333192021_01_136

10歳からのキッチンの教科書3 はじめてさんのスイーツレッスン

2021年07月19日発売

定価 1540円 (本体1400円)