料理

ボリューム満点! 肉系ご飯のお供


2021.10.16

人気のタイ料理「ガパオライス」風のガパオ肉みそ。撮影:木村 拓(東京料理写真)

3号連続短期集中連載「しらいのりこのご飯のお供」の最後を華々しく飾るのは、ボリューム満点“肉系ご飯のお供”です。人気の肉おかずをギュッと凝縮した味わいに、大満足できるはず。日本人のDNAをくすぐる“絶品なめみそ”もご紹介!

 

*  *  *

 

ご飯以外の炭水化物にも、”おかずのタネ”にも活用できる!

 

「肉のつくだ煮」「肉みそ」と限定すると、ほぼ甘辛味になってしまうので、バラエティー豊かな味つけでご飯が楽しくなるように考えました。今回ご紹介する肉系お供は、ご飯によく合う定番おかず、あるいは、ご飯物や丼のトッピングの具を、それぞれの肉料理の特徴がわかる味にしています。ご飯と一緒に食べたら、「ああ、あの味ね」と、連想できると思いますよ。

 

調理のポイントは、味をしっかり入れて、汁けをよくとばすこと。これを守れば、保存性が高まります。肉系お供は、ご飯以外の炭水化物に合わせるのもおすすめです。ラーメンのトッピング、あえ麺やパスタ、サンドイッチの具など、いろいろ試してみてください。

 

また、「すき焼きつくだ煮」は豆腐と煮て「肉豆腐」に、「マーボー肉みそ」はなすと炒めて「マーボーなす」にというふうに、“おかずのタネ”としても活用できるので、重宝しますよ。

 

すき焼きつくだ煮

 

そのままご飯にのっけて、牛丼風。生卵をトッピングすれば、すき焼き気分が楽しめます。

12039102021_p042_01

 

マーボー肉みそ

 

豆板醤が効いた、ピリ辛マーボー味。もっと辛くしたい場合は、仕上げに粉ざんしょうをふっても。

 

12039102021_p042_02

 

※つくり方はテキストに掲載しています。

 

■『NHKきょうの料理ビギナーズ』2021年10月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • bnr-texttop2021-300×56

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2021_300×56px

000000333202021_01_136

手軽な材料でつくる果物のお菓子 ムラヨシフルーツパーラー

2021年09月17日発売

定価 1540円 (本体1400円)

000061993022021_01_136

NHKきょうの料理 野菜1つで、こんなにおいしい!

2021年09月17日発売

定価 1430円 (本体1300円)

000000333192021_01_136

10歳からのキッチンの教科書3 はじめてさんのスイーツレッスン

2021年07月19日発売

定価 1540円 (本体1400円)