料理

油にうまみはないけれど……? 「油のコク味」は和食の強い味方


2021.09.11

たまねぎの煮びたし 撮影:蛭子 真

京都の老舗料亭の3代目、村田吉弘(むらた・よしひろ)さんの連載「だしいらずでつくる和食のはなし」。9月号では「油」の持つコクを生かした和食を教えてくれました。

 

*  *  *

 

日本ではその昔、油は高価だったので、庶民にとっては明かりを灯(とも)すために使うものでした。食用にしていたのは、貴族やお坊さんなどの特権階級。特に動物性たんぱく質をとらないお坊さんにとっては、栄養補給の面からも、大切な食材であったと思います。

 

時が下った現代、油はとりすぎを心配する存在になりました。また健康によいとされる新顔の油もいろいろ出てきて、選び方や使い方で迷っている方も、いてるかもしれません。

 

日本料理の場合、「油物」と呼ばれる揚げ物以外では、あまり油を使う料理はありませんでした。しかし油は料理にコクを与えてくれ、おいしくしてくれます。油が手軽な存在になった今、適切に食材を生かす使い方をしていくのがええと思います。

 

欧米では、油にうまみがあるという誤解があったと聞いたことがあります。おそらくそれは、うまみ成分のある食材と油を組み合わせた料理が、油の効果でよりうまみを感じやすくなったからやと思います。また酸化した油に対して人は、うまみと似たおいしさを感じるという研究結果もあるそうです。なのでこの先、五味とうまみに続く、人が感じる第七の味として「油のコク味」が定義されることがあるかもしれません。

 

今回の料理は二品とも、うまみがしっかりある野菜と油の組み合わせ。たまねぎも大根もグルタミン酸が豊富です。また、ちりめんじゃこ、みそもしっかりうまみ成分があります。さらに油揚げは、酸化した油をまとっていますから、鉄板の組み合わせです(笑)。でも、どちらの料理も油を使わないでつくると、もの足りない味になってしまいます。油は和食にとっても頼もしい味方なのです。

 

※つくり方はテキストに掲載しています。

 

■『NHKきょうの料理』連載「だしいらずでつくる和食のはなし」2021年9月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • bnr-texttop2021-300×56

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2021_300×56px

000000333192021_01_136

10歳からのキッチンの教科書3 はじめてさんのスイーツレッスン

2021年07月19日発売

定価 1540円 (本体1400円)

000000333182021_01_136

ワタナベマキの梅料理

2021年05月19日発売

定価 1540円 (本体1400円)

000061992992021_01_136

国循の 厳選 おいしい!!かるしおレシピ

2021年05月31日発売

定価 1980円 (本体1800円)