料理

海の幸でご飯のお供


2021.08.26

さばフレーク 撮影:木村 拓(東京料理写真)

3月で連載を終了したしらいのりこさんの「ご飯のお供」がパワーアップして、カムバック! 今月から3回連続で、どどどんっと魅力あふれるラインナップでお届けします。初回は魚介尽くしの「海の幸編」。うまうますぎて、夏バテも吹っ飛びます!

 

*  *  *

 

今回は魚介のお供なので、つくったその日か翌日中に食べきるものもあります。私は「ご飯のお供 = つくりおきではない」と思っていて、ご飯に合えば刺身だって立派な「お供」です。おいしく調理するには、くさみを抑えるか、くさみをうまみに転換するのがポイントで、しょうゆが大事な役割を果たします。特にくせの強い魚は、しょうゆを使わないとくさみが際立つ結果に。しょうゆを魚醤にすると、また違ったおいしさになりますよ。

 

お供にする魚は、塩漬けや干物も手ごろで優秀な食材。うまみが凝縮して身も締まっているので、簡単においしい一品に。例えば甘口の塩ざけなら、レンチンしてほぐすだけで立派なさけフレークになります。やっぱり自家製のおいしさは格別です。安売りのときにまとめ買いして冷凍庫に常備しておくと便利ですよ。

 

さけの焼きづけ

 

焼きざけの香ばしさと甘辛風味が、白いご飯に最強に合うお供です。

12039082021_p042_01

 

サーモンのエスニックなめろう

 

あじのなめろうをサーモンで、アジア風の味つけにアレンジ

12039082021_p042_02

 

白身魚の塩昆布あえ 

 

塩昆布で楽しむ手軽な昆布じめ。程よいねっとり感とうまみがたまらない!

12039082021_p042_03

 

※つくり方はテキストに掲載しています。

 

■『NHKきょうの料理ビギナーズ』2021年8月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • bnr-texttop2021-300×56

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2021_300×56px

000000333192021_01_136

10歳からのキッチンの教科書3 はじめてさんのスイーツレッスン

2021年07月19日発売

定価 1540円 (本体1400円)

000000333182021_01_136

ワタナベマキの梅料理

2021年05月19日発売

定価 1540円 (本体1400円)

000061992992021_01_136

国循の 厳選 おいしい!!かるしおレシピ

2021年05月31日発売

定価 1980円 (本体1800円)