料理

深いうまみとスッキリした塩気 ナプムラーで野菜をもっとおいしく!


2021.08.25

いか、アボカド、トマトのサラダ。たれに炒めにんにくが入っているから、素材にしっかりからみます。魚介は、えびやたこでもOK。夏のサラダの新定番にぜひ! 撮影:原ヒデトシ

ナムプラーは、気がつけば、私たちの食卓にジワジワと浸透中。でも、好奇心から一度は使ってみたものの、冷蔵庫の片隅で眠らせている人も多いのでは?そこで、ビギナーズが提案するのは、野菜×ナムプラー」のおいしいレシピ。今まで知らなかった新しい味が見つかります! 料理研究家の夏梅美智子(なつうめ・みちこ)さんが、ナプムラービギナーにおすすめの簡単ナムプラーだれと、活用レシピを教えてくれました。

 

*  *  *

 

大好きという人がいる一方、苦手だという声も多く聞かれるナムプラー。「わが家ではエスニック料理に限らず、しょうゆのような感覚でふだんからナムプラーを使っています」と話すのは、ナムプラー愛好歴30年以上という料理研究家の夏梅美智子さん。以前にタイを旅行した際、今まで食べたことのない深いコクとうまみにすっかり魅了され、それ以来ずっとナムプラーを使い続けているそう。「特にさっぱりした味が食べたくなる夏は、しょうゆよりナムプラーをよく使います。スッキリした塩けがあるので、野菜のおいしさを引き出すにも格好の調味料なんです」

 

そんな夏梅さんにおすすめの使い方を聞いてみると、「まずは、食べ慣れた炒め物に使ってみては? ふわっと香りがたって味に奥行きが生まれます。ナムプラーは長い時間加熱すると生ぐさみが出てくるので、仕上げに加えるのがコツ。加熱せず、たれなどに使う場合は、レモン汁やにんにくと合わせると食べやすくなりますよ」。

 

そもそもナムプラーの原料は魚。魚食文化をもつ日本人の味覚に合わないはずがありません!あなたもこの夏、ナムプラーデビューしてみませんか?

 

※つくり方はテキストに掲載しています。また、ナムプラーをそのまま使ったおかずレシピも紹介しています。

 

■『NHKきょうの料理ビギナーズ』2021年7月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • bnr-texttop2021-300×56

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2021_300×56px

000000333192021_01_136

10歳からのキッチンの教科書3 はじめてさんのスイーツレッスン

2021年07月19日発売

定価 1540円 (本体1400円)

000000333182021_01_136

ワタナベマキの梅料理

2021年05月19日発売

定価 1540円 (本体1400円)

000061992992021_01_136

国循の 厳選 おいしい!!かるしおレシピ

2021年05月31日発売

定価 1980円 (本体1800円)